榎 (えのき)



エノキ、一里塚
 
「志村の一里塚」(道路南側)
  真ん中の高い木が「榎」。
 
撮影日 : 2007. 9. 1
    (平成19年)     
 
撮影場所: 板橋区 志村    
      (志村坂上駅そば) 
 

 
エノキ
 
(黄葉と、だいだい色の実)
 
撮影日 : 2008.11.20
    (平成20年)     
 
撮影場所: 江戸川区 清新町  
 

 
写真集 1(写真8枚)へ
(若葉、花、実)

写真集 2(写真6枚)へ
(一里塚のエノキ)

写真集 3(写真6枚)へ
(黄葉)
 
 
          ↓ JUMP
・楡(にれ)科。
・学名
  Celtis sinensis
     var. japonica

   Celtis : エノキ属
   sinensis : 中国の
   japonica : 日本の
 学名 C へ
 
 
・「枝の多い木」
 =「枝(え)の木」=「えのき」
 となったとの説がある。
・かなり背の高い木になる。
  
・秋、実がなり、
 黄色から橙色に変化する。
 甘くて食べられるらしい。
・秋、葉っぱは黄色く色づく。
・蝶の「オオムラサキ」は、
 幼虫の頃、榎の葉っぱを 
 食べて育つ。
 
 
 
<一里塚(いちりづか)>

・江戸時代、道しるべとなる
 「一里塚」の目印として
 「榎」がよく植えられた。
 
 一里塚は江戸時代の
 徳川家康のときから作られたが、
 そこに何か木を植えよう
 ということになり、
 家康の家臣が、
 どの木にしようかと家康に
 伺ったところ、
 「ええ木を植えよ」との答え。
 それが家臣には
 「えのき」に聞こえたらしい。
 よって、
 「一里塚 = 榎(えのき)」と
 いうことになった。
 (「ええ木」の他に、
  「余の木」など諸説あり)
 
 東京の日本橋を起点に、
 いろいろな街道に
 4kmごとに設置されたが、
 現存している一里塚は
 ほとんどないらしい。
 
 
 1里=約4km
 
 1里=36町(ちょう)
  (1町=約109m)
 1町=60間(けん)
  (1間=約1.8m)
 1間= 6尺(しゃく)
  (1尺=約30cm)
 1尺=10寸(すん)
  (1寸=約 3cm)
 
 ということで、
 1里= 3cm×10寸×6尺
      ×60間×36町
   = 約400,000cm
   =  約4,000m
   =    約4km
 
 
・「わが門(かど)の
  榎(え)の実(み)
  もり食(は)む
  百千鳥(ももちどり) 
  千鳥は来(く)れど
  君ぞ来(き)まさぬ」
   万葉集 作者不詳


・「木へん」の春夏秋冬シリーズ
 椿  榎    
 

            ↑ 上へ
 

俳句・短歌コーナーへ 「紅葉がきれい」コーナーへ けやきなどの高木 コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.