松 (まつ)


(+ 五葉松、赤松、黒松、等)

(Pine)



マツ

浜離宮の松
 
撮影日 : 2004. 2.28
    (平成16年)     
 
撮影場所: 中央区 浜離宮   
 

 
写真集 1(写真10枚)へ
(お寺の松、影向の松、等)

写真集 2(写真9枚)へ
(五葉松、赤松、黒松、等)

写真集 3(写真10枚)へ
(雪吊り、多行松、三百年の松、等)

写真集 4(写真9枚)へ
(蝦夷松、南部赤松、
 琉球松、大王松) 
 
写真集 5(写真10枚)へ
(花、実(松ぼっくり))


          ↓ JUMP
・松科。
・学名
 Pinus : マツ属
 Pinus(パイナス)は、
 ケルト語の
 「pin(山)」が語源。
 学名 P へ
 
 
・寒い冬にも耐え、常緑なので、
 長寿の象徴とされている。
・神がその木に降りてくるのを
 「待つ」ことから
 「マツ」になったとも、
 葉が2つに分かれていることから
 「股(また)」が
 次第に「マツ」に
 なった、ともいわれる。
 
 
・1本の小さな枝から
 ふつうは2本の細い葉っぱが
 伸びる。 
 (二葉松(にようしょう))。
 赤松や黒松は、この「二葉松」。
 5本の葉っぱが伸びるのは、
 いわゆる
 「五葉松(ごようまつ)」。

・「松    」

・「門松」「松の内」など、
  お正月に関係が深い。
 お正月用語 へ 
 
 
・北海道の道の木
   (蝦夷松(えぞまつ))
 岩手県の県の木
   (南部(なんぶ)赤松)
 群馬県の県の木(黒松)
 福井県の県の木(松)
 岡山県の県の木(赤松)
 島根県の県の木(黒松)
 山口県の県の木(赤松)
 愛媛県の県の木(松) 
 沖縄県の県の木(琉球松)
 
 
・「茂岡に
  神さび立ちて 栄えたる
  千代松の木の 年の知らなく」
   万葉集
   紀鹿人(きのかひと)
 
 「立ち別れ
  いなばの山の 峰に生ふる
  まつとし聞かば 今帰り来む」
   古今集
   中納言行平
   (ちゅうなごんゆきひら)
   百人一首(16)
 
 「誰をかも
  知る人にせむ 高砂の
  松も昔の 友ならなくに」
   古今集
   藤原興風
   (ふじわらのおきかぜ)
   百人一首(34)
 
 「鶴の岡
  あふぎて見れば 峰の松
  梢(こずえ)はるかに
  雪ぞつもれる」
   金槐和歌集 源実朝
 
 「名月や 畳の上に 松の影」
   宝井其角
 

・針葉樹シリーズへ
 

・高山地帯に生える松
 這松

・似ている実へのリンク
 喜樹


            ↑ 上へ
 
__________________

 
「歳時記」 お正月関連へ
 
お正月用語へ
 
けやきなどの高木 コーナーへ
 
俳句・短歌コーナーへ
 
都道府県の花・木 コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記



      ピンク

      

  その他の色



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

観葉植物  食虫植物  珍しい花

  葉っぱ   雑草 

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  十二支

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.