デンドロビウム、
石斛 (せっこく)


(岩薬(いわぐすり)、   
 長生蘭(ちょうせいらん))

(Dendrobium)

(+デンドロビウム・ファレノプシス)
(デンファレ)



デンドロビウム

(デンドロビウムの花)

'13. 2. 3  江東区 新砂



セッコク

(石斛の花)

'09. 4.30  中央区 日本橋茅場町



写真集 1(写真8枚)へ
(石斛のつぼみ、花)

写真集 2(写真7枚)へ
(石斛の花)

写真集 3(写真5枚)へ
(デンドロビウム)

写真集 4(写真9枚)へ
(デンファレ)


          ↓ 下へ
・蘭(らん)科。
・学名
  Dendrobium(デンドロビウム)
  Dendrobium moniliforme
       (石斛)

   Dendrobium : セッコク属
      (デンドロビウム属)
   moniliforme : 念珠状の

 Dendrobium
 (デンドロビウム)は、
 ギリシャ語の
 「dendron(樹木)
  + bion(生活する)」
 が語源。
 樹木に着生生活することに由来。
 学名 D へ



 「デンドロビウム」と
 「石斛(せっこく)」、
 同じページにしてみました。
 いずれも、茎(バルブ)に
 多数の節があるのが特徴。



【デンドロビウム】
  Dendrobium

・園芸ではこちらの名の方が
 とおりがよい。
・熱帯アジア地方原産。
・「ノビル」系と
  下記の「石斛」系がある。
 「デンドロビウム」といえば、
 一般的には
 「ノビル」系の方を
 指すことが多い。

・「ノビル」系の方が茎が太い。
・「ノビル」系の開花は春。
・「デンドロビューム」
  とも呼ぶ。



【石斛(せっこく)】

・日本原産。
・日の当たる樹幹や岩に着生している。
・5月頃、
 白またはピンク色の花が咲く。
・漢名の「石斛」”せきこく”を
 音読みして
 ”せっこく”と変化した。

・別名
 「岩薬(いわぐすり)」、
   古い茎の部分を煎じて飲むと
   体に良いらしい。
 「少名彦薬根
  (すくなひこのくすね)」、
    (石斛の古名)
 「長生蘭(ちょうせいらん)」。
   中国名はこの「長生蘭」。



【デンドロビウム・
   ファレノプシス】
 (デンファレ)
  Dendrobium phalaenopsis

・「ファレノプシスに似た
  デンドロビウム」
  のこと。
 略して「デンファレ」。
・オーストラリア地方原産。
・茎(バルブ)に多数の節があるのは
 デンドロビウム等と同じだが、
 細長い花茎を伸ばして
 花が咲くのが特徴。
・花屋さんでよく見かける。


・3月2日、11月13日、
 12月11日の誕生花
    (デンドロビウム)
・4月27日、11月27日の
 誕生花(デンファレ)
・花言葉は
 「思いやり」「純粋、潔癖」
 「まごころ」(デンドロビウム)

 「誘惑に負けない」「有能」
       (デンファレ)


・似ている花へのリンク
 シンビジューム  バニラ

 ファレノプシス<蘭>

 風蘭(ふうらん)


・似ている茎へのリンク
 木賊(とくさ)

 つくし(スギナ)


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.