ことわざ、故事



 ことわざ、故事に関する花木を
 集めてみました。


(生活・文化にまつわる花は)
  生活・文化にまつわる花 へ →


          ↓ 下へ



・立てばしゃくやく(芍薬)、

 座ればぼたん(牡丹)、

 歩く姿はゆり(百合)の花


・いずれあやめ(文目)か

    かきつばた(杜若)せんだん(栴檀)は
 双葉(ふたば)より
 芳し(かんばし)


・しゅん(春)らん(蘭)

 しゅう(秋)ぎく(菊)、

 ともにはいすべからず
 (倶に廃す可からず)


・桃(もも)  栗(くり) 3年、

 柿(かき)8年、

 梅(うめ)は酸い酸い13年、

 柚子(ゆず)は大馬鹿18年、

 林檎(りんご)ニコニコ25年


・あんず(杏)一益、

 なし(梨)二益、

 かりん(花梨)百益


・面食らう → 栃(とち)の実


・獅子にぼたん(牡丹)、

 うめ(梅)に鶯(うぐいす)、

 もみじ(紅葉)に鹿


・さんしょう(山椒)は
 小粒でもピリリと辛い


・人間は考えるあし(葦)である


・親の意見となす(茄子)の花は、
 千に一つも無駄がない


・因幡(いなば)の白うさぎ
  がま(蒲)


・出の誉れ
(しゅつらんのほまれ)


・青は藍(あい)よりいでて
 藍(あい)より青し


・鶯宿梅(おうしゅくばい)
  梅(うめ)


・杏林(きょうりん)
  杏(あんず)


・虞美人草(ぐびじんそう)
  ひなげし(雛罌粟)


・孟宗(もうそう)
  竹(たけ)


・順徳帝
  都忘れ(みやこわすれ)


・藤原定家
  定家葛(ていかかずら)


・平家物語ゆかり
  熊谷草(くまがいそう)

  敦盛草(あつもりそう)

  沙羅双樹(さらそうじゅ)


・正岡子規
  糸瓜(へちま)


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪


「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.