定点観測シリーズ (さ行)


    さ   

      や~

__________________

    
             ↓ 下へ



  さいはいらん(采配蘭)
      シャワーのような形で開花
  さくら(桜)1
      春(開花 → 新緑)
      18枚の四季写真
  さくら(桜)2
      夏秋冬(夏 → 紅葉 → 雪)
      20枚の四季写真
  さくら(桜)3
      つぼみがふくらんで開花
  ざくろ(石榴)
      つぼみ → 開花
  さざんか(山茶花)
      ゆっくり時間をかけて開花
  さねかずら(実葛)
      つぶつぶの実ができていく
  サフランもどき(サフラン擬)
      つぼみ → 開花
  さるすべり(百日紅)
      つぼみ → 開花 → 実
  さんしゅゆ(山茱萸)
      黄色い、つぶつぶの花
  さんしょう(山椒)
      実が色づきタネが出てくる

            ↑ 上へ


  シェフレラ
      実が色づいていく
  シクラメン
      花びらが、はねあがる
  しだれうめ(枝垂梅)1
      春夏秋冬
  しだれうめ(枝垂梅)2
      ピンクの花びら
  しだれざくら(枝垂桜)1
      春夏秋冬(府中・東郷寺)
      21枚の四季写真
  しだれざくら(枝垂桜)2
      春夏秋冬(府中・東郷寺)
  しだれざくら(枝垂桜)3
      春夏秋冬(府中・東郷寺)
  しだれざくら(枝垂桜)4
      春夏秋冬(大國魂神社)
      18枚の四季写真
  しだれざくら(枝垂桜)5
      春夏秋冬(国分寺講堂跡)
  しちへんげ(七変化)
      まわりが一時、黄色くなる
  しゃくなげ(石楠花)
      つぼみが分かれてきて開花
  じゃけついばら(蛇結茨)
      下の方から咲き進む
  しゅうかいどう(秋海棠)
      下の方からひらいていく
  じゅずさんご(数珠珊瑚)
      実が、だいだい色に色づく
  じゅずだま(数珠玉)
      実が黒くなっていく
  しゅんらん(春蘭)
      ひゅるひゅると伸びてくる
  しょうじょうそう(猩猩草)
      葉っぱがだいだい色になる
  しょうじょうばかま(猩猩袴)
      花びらが四方にひろがる
  シラー
      下の方から咲きあがる
  しらん(紫蘭)
      1つずつ開花していく
  しらかし(白樫)
      どんぐりが大きくなる
  しろやまぶき(白山吹)
      実。最後は黒くなる
  じんちょうげ(沈丁花)
      つぼみ → 開花 → 葉

            ↑ 上へ


  すいか(西瓜)
      実が大きくなっていく
  すいかずら(吸葛)
      花の色が濃くなっていく
  すいせん(水仙)1
      日本水仙の開花
  すいせん(水仙)2
      ペーパーホワイトの開花
  すいせん(水仙)3
      ラッパ水仙の開花
  すいふよう(酔芙蓉)
      夕方、花色が濃くなる
  すずらん(鈴蘭)1
      1つずつ開花していく
  すずらん(鈴蘭)2
      実が色づいていく
  すもも(李)
      おいしそう♪

            ↑ 上へ


  せんりょう(千両)
      実が赤く色づいていく

            ↑ 上へ


  そてつ(蘇鉄)
      葉っぱが広がっていく
  そらまめ(空豆)
      実が大きくなっていく

__________________

定点観測ページの検索

    さ   

      や~

__________________

定点観測での苦労話など
__________________

全てのぺージから検索

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪


「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.