自己紹介



          ↓ 下へ
 名前  山本 純士
    (やまもと あつし)

 生まれ年 1963年(昭和38年)

 出身地  東京都狛江(こまえ)市
      (小田急線が通る、
       多摩川沿いの街)

 どんな人? 東京都内に住む、
       ふつうのおじさんです。

 心掛け
  「心の充足点レベルを
    『低』の状態に保つ」
   (= 何にでも
      満足できるようにする)

 趣味
  花・実・葉っぱなどを見ながら
  季節の変化を感じ、
  その中で、おもしろそうな題材を
  見つけて撮影し、
  サイトに掲載すること。

__________________

<趣味変遷>

1981~84年 【自転車旅行】

 
 (1982.8.29 北海道 幸福駅)

 サイクリング用の自転車に
 テント、寝袋などを積んで、
 海岸沿いの道、山道、町の中など、
 47都道府県のいろんなところを
 走りました。
 駅で自転車を折りたたんで
 袋に入れて電車に乗り、
 降りた駅で組み立てて走り出す、
 というスタイルです。

 
 (1983.9.17 北海道 札幌駅)

 前に進むには自分の力が全てなので
 けっこうキツイ世界ですが、
 走ったあとに振り返ってみると
 その達成感はなんともいえません。
 これは電車や車で移動したのでは
 絶対味わえない感覚です。
 達成感というものは、
 それに費やした時間や労力、
 いわゆる”熱量”に
 比例するものだと思います。

 また、走るときの
 つどつどの目標にしたかったので
 当時の国鉄の駅に多数立ち寄り、
 駅のスタンプを押していきました。
  → 駅のスタンプ



以下、印象深いこと、など。
北から南へ。


■青森県の竜飛(たっぴ)岬。
   (津軽半島の北端)

 太宰治の小説「津軽」で
 紹介された竜飛岬。
 今別、三厩(みんまや)とすすみ、
 海岸沿いの道がだんだん細くなり、
 岬の先端のところで
 本当に行き止まりとなる。

 
  (1981.7.29)
   竜飛岬から三厩方面を
   振り返り見る

 「ここから先には道がない」。
 曇天、霧、一人旅という要素もあり、
 このときの鋭敏な感覚は
 今でもはっきりと覚えている。


■青森県の八戸駅の
 駅構内のベンチで
 寝袋にくるまって眠っていた。
 (新幹線ができるずいぶん前の
  平屋建ての、のどかな時代)

 あれっ、なんかお線香みたいな煙が。
 駅員さんが近くに
 蚊取り線香を置いてくれていた。
 えっ、野宿させてもらってるのに。
 あのときはありがとうございました。
       (1981.7.27)


■岩手県の南端の
 花泉町というところで
 夏の夜、田んぼ脇の細い農道を
 一関に向かって走っていた。

 田んぼの方を見ると、
 一面に黄色い筋が無数に
 ループを描いている。
 いうなれば
 「田んぼの上空が、まっ黄色状態」。
 そのときは、
 なんだろう?としか思わなかったが、
 (ホタルというものを
  見たことがなかった)、
 あとになってホタルだとわかった。
       (1981.7.25)


■磐梯吾妻スカイラインや、
 箱根芦ノ湖の大観山への
 登り道を走っているとき、
 車の中から「がんばれー」
 の声援を受けた。
 走ってるほうとしては
 けっこう、うれしいものです。

 
  (1983.9.23
   磐梯吾妻スカイライン)


■東北本線の須賀川駅(福島県)。
    (1981.7.23)
 東京を出発して
 東北地方を北上するツアーを始めた、
 その1日目。
 郡山の手前の須賀川駅で
 初めて野宿をしようと決め、
 駅員さんに、
 「一晩、ベンチを使わせてください」
 「火は絶対使いませんから」と頼み、
 許可を得てほっとしました。
(慣れない、初めてのことは
 誰でも緊張しますよね)。

 白河のスーパーで買った、
 冷えた弁当を食べて
 寝袋にくるまったけど、
 貨物列車がけっこう頻繁に通り、
 そのたびに
 「ガタガタガタガタ、ゴゴゴゴー」
 とすごい音が長い間続き、
 なかなか寝付けませんでした。
 (貨物列車は
  一晩で10回以上通るんだよねぇ)

 でも、2日目、3日目と
 野宿をしていくと、
 人間「慣れる」もんで、
 相当な騒音にも気にならずに
 熟睡できるようになります。
 (青森には、野宿に慣れた、
  6日目ぐらいに到着しました)。


■伊豆の修善寺の近くの
 無人の原木(ばらき)駅で
 野宿していたとき、
 ベロベロに酔っ払った人が
 飲み屋から戻ってきた勢いで
 こちらに話しかけてきた。

「よぉ、若いの、どこから来た?
 ほぉ、東京か。
 おれは38だけど、若い頃、
 自転車で浜松まで行ったことがある。
 社会人になってからは
 行きたくても行けなくなった。
 社会の中に
 オレ自身が組み込まれて
 世間がそれを許さない、というかな。
 日本一周が夢だったなぁ・・・。
 おい、若いの、
 自転車での長旅なんぞは
 若いときしかできんぞ」

 ベロベロなので
 ときどき、何を言ってるのか
 わからないこともあったが、
 とてもいいお話だった。
       (1981.9.21)


■富山県の海岸沿いの氷見から、
 夜中、石川県の七尾に向けて
 荒山峠という細い山道を越えて
 走っていたとき、下り坂で転倒。
 (夜中に山道走る方が
  悪いんだけどね。だけど、
  工事中の穴があいたままで、
  柵がなかったんだよねぇ)。
 懐中電灯で照らすと、
 膝から出血。
 うわ、やべぇ。

 下り坂なんで、
 だましだまし走り・・。
 ふもとの町 (石川県鹿島町二宮)に
 たどり着き、
 道路脇の水道を見つけて
 足を洗っていたとき、
 その家の方がこちらに気づいて
 消毒して包帯を巻いてくれた。
 あのときはありがとうございました。
       (1981.8.28)


■夜、石川県の南部を
 福井県に向けて走行中、
 自転車のライトの豆電球が切れた。
 町の電気屋さんを見つけて
 豆電球を買ったあと、
 手元の紙地図をひろげ、
 「この、作見(さくみ)という駅は
  この近くですか?」
 と聞いた。
 「あっ、作見ね。
  作見駅はここをまっすぐ行くと
  すぐだよ」
 と、なぜかとてもうれしそうに
 教えてくれた。

 で、その駅に着くと
 「作見」という駅ではなく、
 今風の大きな設備の
 「加賀温泉駅」になっていた。
 そうか。
 以前の駅名の「作見」の名を
 旅人が呼んでくれたのが
 地元の人はうれしかったのだ、と。
       (1981.8.30)

 (ずっとあとで知ったのだが、
  作見駅から加賀温泉駅に
  駅名変更したのは1970年。
  1981年当時、私は、
  かなり古い地図を見て
  かなり古い駅名を
  告げていたことになる)


■山陰の余部(あまるべ)鉄橋。
 (兵庫県北端の日本海沿岸)。
 鉄橋脇の高台にある、
 無人の余部駅で野宿。
 夜、遠くの方から列車の音が
 近づいてくる。
 鉄橋を渡りだす。
  ガタッ ガタッ
  ガタッ ガタッ
  ゴォー ゴォー
 過ぎ去ったあとも
 ずっと遠くに行くまで、
 響きが山間に、長く細くこだまする。
 そして、そのあと、静寂。

 
(1982.7.28 余部(あまるべ)鉄橋)


■鹿児島県吹上(ふきあげ)町の
 パン屋のおじさん。
 パンを買ったら
 自転車旅行の私を激励してくれて、
 「旅のあと、無事に家に帰ったら
  ハガキくれ」と
 10円玉10枚を手に握らせてくれた。
 (その後、旅が終わったときに
  ちゃんとハガキを出しました)
 その節はありがとうございました。
       (1982.3.3)


■「東京発 沖縄行き」のフェリー。
 当時、まだまわりに何もなかった、
 東京の有明埠頭で、
 自転車を折りたたんで
 フェリーに乗せ、
 50時間(まるまる2日)、
 どこにも寄港せずに航海して
 那覇に到着。
 ものすごく長い船旅だった。

 2等船室。ゴロゴロしてるか
 ときどき甲板で海を見てるしか
 ないんだよねぇ。
 でも、それはそれで珍しい空間で
 おもしろかったです。
 ちなみに、スマホはおろか、
 デジタル物というものが
 全く存在しない時代でした。
       (1983年2月)

__________________

その後の趣味

1983~95年 【山登り】
 八ヶ岳、金峰山、雲取山、
 大岳山、塔ヶ岳など、
 関東近辺の、中央本線沿線、
 秩父、奥多摩、丹沢の山を中心に、
 いろいろ登りました。

(参考) 定点からの展望
  丹沢、高尾、奥多摩の山なみ

__________________

1992年~現在 【花観察】
 「植物は、
  その存在自体がアートである」
 と思っています。
 なんとも不思議な
 自然の造形の世界♪

__________________

以上、自己紹介に
おつきあいいただき
ありがとうございました。


            ↑ 上へ

__________________


自己紹介

サイト作成にいたるまで

サイト作成PC環境

これまでの主な更新履歴

花・季節・漢字について

__________________


「季節の花 300」の表紙へ ♪