サイト(ホームページ)を
作成するにいたるまで

         山本純士


          ↓ 下へ
1.1992年(平成4年)7月25日に、
  群馬・長野の県境にある
  草津白根山に登りました。
  (正確には、
   弓池から登る「本白根山」)。

  その山頂近くに、
  花や樹木が、木製のプレートで
  「岳樺(だけかんば)」
  「駒草(こまくさ)」
  「針桐(はりぎり)」
  などと紹介されていました。

  それまで植物に
  全く関心がなかった私は
  この漢字つきの紹介プレートで 
  「あ、この名前には
   こういう漢字をあてるんだ♪」
  と、
  ”漢字・読み・植物”をセットで
  把握することに興味を覚えました。
  漢字名であらわした植物の世界が
  目の前に突然現れ、
  価値観がガラッと変わったような
  感じでした。
  興味の対象が
  「あの山に登る」から
  「あの山の植物を見る」に
  変わった瞬間でした。

  山頂からの下り道は
  通常なら1時間程度ですが、
  下山路にもいろいろプレートがあり
  いちいち立ち止まっては
  ”漢字・読み”を記録したため
  3時間ぐらいかかったと思います。

  以後、植物図鑑を購入し、
  「あの山の植物を見る」を目的に
  山登りをし、次第に、
  自宅周辺を歩き回って、
  身近な植物の方を
  頻繁に観察するようになります。


2.1993年(平成5年)4月4日、
  小田急線の喜多見駅の近くを
  歩いているとき、
  ”花が咲いている期間を
   時間軸にして、
   年間表にしたらおもしろそう”
  とひらめき、すぐにその場で
  手帳に表を書き始めました。
  (花の種類という軸に
   時間軸がクロスではまり、
   これも価値観の転換、
   という感じでした。
   1時間ほど立ち尽くして
   表を書いていました)

  その表と
  植物図鑑の両方を持って、
  さらに知らない花を
  次々確認していきます。

  1995年頃には開花時期も
  はっきりしてきて
  知っている花の種類も
  増えていきました。

  メモをもとに年間表として
  編集していったときの資料です。
  (手書き)(↓)

  開花期(1月~3月)

  開花期(4月~6月)

  開花期(7月~9月)

  開花期(10月~12月)


  その後、手書きでは
  管理しづらくなってきたので、
  「OASYS(オアシス)の
   ワープロ」に入力して
  管理するようになりました。 


3.1995年(平成7年)夏頃、
  コンパクト型の
  フィルムカメラを手に入れ、
  花のアップ写真を
  少しずつ撮り始めます。
  なかなかピントが合わず
  苦労しましたが、
  要領がわかってきて
  1996年秋頃までに
  250枚ほど撮影しました。

__________________

4.1996年(平成8年)1月に
  パソコンなるものを初めて購入。
  しばらくはメールと
  ネットサーフィンを
  楽しむだけでした。

  当時、meshnetという
  接続プロバイダーを
  使っていたのですが、
  1996年10月頃に、

  「個人でもホームページを
   持つことができる」

  「容量は5MBまで利用可能」

  というmeshnetの広告記載を見つけ、
  ワープロで管理している
  開花時期年間表と
  手持ちの写真で、
  ホームページ(サイト)をつくって
  何か表現できるかもしれない、
  なんとなくおもしろそう・・
  と思い始めました。


  ホームページを作るって、
  いったい何をどうしたらいいんだ?
  から始まって、
  HTML本を買って勉強し、
  手探りで一つずつ
  構文を組み上げていきました。


  ホームページの構成を
  どういう形にするか、は
  いろいろ考えました。

  それまで1年ほど
  ネットサーフィンをして
  いろんなページを見て
  得ていた感触から、
  「わかりやすい、シンプルなもの」
  というのを基本理念にしようと
  思いました。


  写真中心にして、
  月ごとに見られるようにし、
  五十音検索をつけて、
  漢字名を前面に出して、
  似ている花もリンクさせて、
  高山植物も入れて、
     ・
     ・
  シンプルなタグを使って、
  わかりやすい場所で改行して、
  アイコンはつけないようにして
  (地味になりますが・・)、
  背景は白で、
     ・
     ・
  という具合に
  いろいろ構想を練り、
  花にあまり興味がない人にも
  面白く見てもらえるような
  シンプルで
  わかりやすい構成案を
  図を描きながら練っていきました。


  「作ろう」と思ってからの
  約3ヶ月は、かなりの作業量でした。

  プリンターやスキャナーを購入し
  試行錯誤を繰り返しながら、
  大量のHTML文の打ち込み、
  写真のスキャニング、
  (当時は全て
   銀塩の紙焼き写真だったので
   デジタル化するには
   1枚ずつ、スキャニングと
   画像編集が必要でした)
  HTML調整、見直し、
  ブラウザでの動作確認を続け、
  (当時は、Windows95 で IE3.0♪)
  1997年(平成9年)1月5日に

  初版のサイト(ホームページ)

  を公開しました。

  このときに作り上げたページの
  デザインの基本線は
  現在も変えていません。
  読者の皆様から、
  「すっきりした、
   読みやすいページ」
  との評価をいただいております。


__________________

5.サイトを開設した1997年当時に
  イメージしていた将来像は、

 『河原の土手のところに親子がいて、
  この花の名前はなぁに?
  と、子どもが親に聞いている。
  親は手元の小さい「何か」を見せて、
  その「何か」に載っている花と
  子どもが聞いている花とを見比べ、
  子どもに名前を教えている』

  というものでした。
  この「手元にある何か」の
  「花の資料」になれたらいいな、
  という思いはありました。
  また、
  この「手元にある何か」は
  その後十数年間、形として
  現れることはなかったのですが、
  2010年頃から
  「スマホ」という形で出現し、
  当時イメージしていた機器が
  現実のものになった、
  と感じています。

  不思議なものです。


__________________

6.1997年のサイト公開後も
  開花時期調査、写真撮影、
  各種メンテナンスを
  続けています。
  スタートしてからも、
  公開するまでと同様
  けっこう労力を使います。
  試行錯誤です。

  検索コーナーを次々新設したので
  (これまでの主な更新履歴)
  ページ新設や更新のときなどに
  リンクのもれがないようにも
  気を配ります♪

  花の写真も
  随時追加・差し替えしたり、
  コメント追加したりしています。

  自分で見ても楽しめるものを
  作っていきたい、正確で
  おもしろいものにしていきたい、
  という意識に助けられている面が
  あると思います。
  (花の名前を忘れて、
   自分のホームページを
   検索して思い出す、
   ということも頻繁にあります)


7.最初のころは
  手持ちの写真を
  載せることが中心でしたが、
  2005年頃からは、
  花の名前の由来や、
  花にまつわる短歌など、
  すでに掲載済の花ページに対して
  いろんな面から
  厚みを加え続けることに
  ウェートを置いています。

  ふだんよく見かけるような花を
  中心にして
  それらの写真やコメントを
  充実させていくと
  見る人もうれしいかな、と。

 (それぞれの花について、
  つぼみ・花・実・葉っぱの写真、
  花名の由来、関連の俳句等、
  多彩な情報を丁寧に加えていく、
  横展開作業がおもしろい♪)


  その作業自体は
  おもしろいんですが、
  おもしろいとは言いながら、
  水面下では、

  ・どういう構成にしたら
   花の魅力をうまく伝えられるか
  ・見る人が一番使いやすい
   ページとはどういう形か
  ・着想、思いつきを
   どうわかりやすく表現するか
  ・Web環境まわりの
   技術革新のスピードに
   どうついていくか

  などについて、
  いろいろ考え
  苦心している面はあります。
  (実際に、
   皆さんが気づかないところで、
   頻繁に改善しつづけています)
  でも、それ自体が「楽しい」と
  思っているので、自分にとっては
  「趣味」なのでしょう。

  読者の方が言っていた、
  「一人の趣味が、
   多くの人の幸せにつながっている」
  という言葉に励まされています。



  いろんな面で
  不器用な人間ではありますが、
  この花図鑑サイトの運営
  については、
  皆さんの応援を得ながら
  楽しく続けることが
  できています。
  応援、感謝いたします。


            ↑ 上へ

__________________


自己紹介

サイト作成にいたるまで

サイト作成PC環境

これまでの主な更新履歴

花・季節・漢字について

__________________


「季節の花 300」の表紙へ ♪