紫陽花 (あじさい)


(Hydrangea)

(+ がく紫陽花、アナベル、
     隅田の花火 等) 



アジサイ
 
    (色づきました)     
 
撮影日 : 1999. 5.29
    (平成11年)     
 
撮影場所: 江戸川区      
      新左近川親水公園  
 

 
アジサイ
 
(あじさい。きれいな青色)
 
撮影日 : 2005. 7.17 
     (平成17年)      
 
撮影場所: 箱根旧街道 甘酒茶屋前



写真集 1(写真13枚)へ
(冬芽、花芽)

写真集 2(写真10枚)へ
(開花)

写真集 3(写真6枚)へ
(花)

写真集 4(写真4枚)へ
(花)

写真集 5(写真7枚)へ
(花)

写真集 6(写真7枚)へ
(がく紫陽花)

写真集 7(写真10枚)へ
(アナベル、冬枯れ、等)

写真集 8(写真8枚)へ
(隅田の花火)
 
 
          ↓ JUMP
・雪の下(ゆきのした)科。
・学名
  Hydrangea macrophylla
    form. macrophylla
     (紫陽花)
  Hydrangea macrophylla
    form. normalis  
     (萼(がく)紫陽花)

   Hydrangea : アジサイ属
   macrophylla : 大きな葉の
   normalis : 通常の

 Hydrangea
 (ハイドランジア)は、
 ギリシャ語の 
 「hydro(水)
  + angeion(容器)」が語源。
 大量の水を吸収し
 蒸発させる性質から。
     (諸説あり)
 学名 H へ
 
 
・開花時期は、 6/ 1 ~ 7/15頃。
 ちょうど梅雨時期と重なる。
 紫陽花は日当たりが苦手らしい。

・名前は、「あづさい」が
 変化したものらしい。
 「あづ」は「あつ」(集)、
 「さい」は
 「さあい」(真藍)で、
 青い花が集まって咲くさまを
 表した。
 「集真藍」
 「味狭藍」
 「安治佐為」 いろいろある♪
 
・日本原産。
・本来の「紫陽花」とは、
 唐の詩人の
 白居易さんが命名した、
 別の紫の花のことで、
 平安時代の学者、
 源順(みなもとのしたごう)が
 今のあじさいに
 この漢字をあてたため
 誤用がひろまったらしい。
 (でも、いい雰囲気の漢字)
・中国では「八仙花」または
 「綉球花」と呼ぶ。 
 
 
・色がついているのは
 「萼(がく)」で
 花はその中の
 小さな点のような部分。
 しかしやはり萼(がく)が
 目立つ。
・「萼(がく)紫陽花」の
 ”萼”は
 ”額”と表記することもある。


・花色は、
 紫、ピンク、青、白など
 いろいろあり。
 花の色は、
 土が酸性かアルカリ性かに
 よっても変わるらしい。
   酸性土壌
     → 青色っぽくなる
   アルカリ性土壌
     → 赤色っぽくなる

 また、花の色は、
 土によるのではなく遺伝的に
 決まっている、という説もあり、
 また、    
 定点観測していると、
   青 → 紫 → ピンク
 とゆるやかに変化していく
 ものもあるので、
 決定的な法則は
 ないのではないか、と思います。
 
 
・江戸時代に
 オランダ商館の医師として
 日本に滞在したシーボルトは
 この花に魅せられ、
 愛人の「お滝さん」の
 名前にちなんで
 学名の一部に
 「オタクサ」otaksa の名前を
 入れたとのこと。
 (でも実際には、
  それより前に既に学名が
  つけられていたため、
  シーボルトがつけた
  「お滝さん」の学名は、
  採用されなかったらしい)
 

・6月2日、7月1日の
  誕生花(紫陽花)
 7月13日誕生花
 (萼紫陽花(がくあじさい))

・花言葉は
 「辛抱強い愛情、元気な女性」
        (紫陽花)
 「謙虚」
 (萼紫陽花(がくあじさい))
 
 
・「安治佐為(あぢさゐ)の
  八重咲くごとく
  弥(や)つ代にを
  いませ我が背子(せこ)
  見つつ偲ばむ」
   万葉集
   橘諸兄
   (たちばなのもろえ)
 
 「紫陽花や
  折られて花の 定まらぬ」
   藤原保吉
   (ふじわらやすよし)
 
 「紫陽花や
  藪(やぶ)を小庭の 別座敷」
   松尾芭蕉
 
 「紫陽花の
  末一色(すえひといろ)と
  なりにけり」
   小林一茶 
 
 「紫陽花や
  はなだにかはる
  きのふけふ」
   正岡子規(まさおかしき)
 
 
・東京周辺の見どころ

 <鎌倉の
  明月院(めいげついん)>
   別名「あじさい寺」
   として有名。
   シーズン中は
   境内の通路は行列となる。
   青い紫陽花が多い。
   花見頃6月上旬~6月下旬。
   鎌倉市山ノ内。
   最寄駅
    JR横須賀線北鎌倉駅

 <白山(はくさん)神社>
   ”歯”の神様として
   知られる。
   花見頃6月中旬~6月下旬。
   文京区白山。
   最寄駅
    地下鉄三田線白山駅

 <高幡不動(たかはたふどう)>
   花見頃6月上旬~7月上旬。
   東京都日野市高幡。
   最寄駅
    京王線高幡不動駅

 <本土寺(ほんどじ)>
   松戸市にある日蓮宗の本山。
   花見頃6月上旬~7月上旬。
   同じ時期に、
   花菖蒲もいっぱい咲く。
   千葉県松戸市平賀。
   最寄駅
    JR常磐線北小金駅

 <飛鳥山(あすかやま)公園>
   桜の名所でもある。
   JRの線路沿いの道に
   紫陽花がいっぱい。
   花見頃6月上旬~6月下旬。
   北区王子本町。
   最寄駅
    JR京浜東北線王子駅

 <多摩川台公園>
   田園調布の近くの
   多摩川沿いの丘の公園。
   花見頃6月上旬~6月下旬。
   大田区田園調布。
   最寄駅
    東急東横線の多摩川駅

 <箱根登山鉄道の線路沿い>
   スイッチバックで
   ズンズン登っていく
   登山鉄道沿いに、
   紫陽花がいっぱい。
   花見頃6月中旬~7月上旬。
   神奈川県足柄下郡箱根町。
   箱根登山鉄道は
   箱根湯本駅から
   強羅(ごうら)駅まで。
 

・似ている花へのリンク
 紫陽花は 大手毬

 萼紫陽花は 薮手毬

 額空木  紅額

 甘茶  糊空木

 肝木
 

・「紫陽花」シリーズ
 紫陽花  柏葉紫陽花

 玉紫陽花  小紫陽花
 


            ↑ 上へ
 
__________________

 
俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記



      ピンク

      

  その他の色



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

観葉植物  食虫植物  珍しい花

  葉っぱ   雑草 

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  十二支

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.