春の七草

(はるのななくさ)



セリ
 
芹(せり)

 
          ↓ JUMP
 
 
ナズナ
 
薺(なずな)
(ペンペン草)
 
 
 
ゴギョウ
 
 御形(ごぎょう)
(母子草(ははこぐさ)ハコベラ
 
繁縷(はこべら)
 
 
 
ホトケノザ
 
仏の座(ほとけのざ)
(田平子(たびらこ)スズナ
 
菘(すずな)
(蕪(かぶ))
 


スズシロ
 
蘿蔔(すずしろ)
(大根(だいこん))
 


春の七草 写真集(写真5枚)へ
(七草かご、七草がゆ♪)


          ↓ JUMP
1.芹(せり)
    川辺・湿地に生える。
2.薺(なずな)
    ペンペン草
3.御形(ごぎょう)
    母子草。
4.繁縷(はこべら、はこべ)
    小さい白い花。
5.仏の座(ほとけのざ)
    正しくは
    田平子(たびらこ)。
6.菘(すずな)
    蕪(かぶ)。
7.蘿蔔(すずしろ)
    大根。
 
 
・14世紀の南北朝時代に、
 「四辻の左大臣
  (よつつじのさだいじん)
  (本名:四辻善成
     (よつつじの
      よしなり))」が
 源氏物語の注釈書
 「河海抄(かかいしょう)」
 の中で
 七草のことを記載している。

 それが後年、
 よく知られる、
 「せりなずな
  御形はこべら 仏の座
  すずなすずしろ
  これぞ七草」
 
  春の七草
 
 の歌になって
 広まったことにより、
 「春の七草」の7種の草と
 その読み並べ方が
 定着したといわれる。
 

・新春の1月7日に
 「七草粥(ななくさがゆ)」
 に入れて食べる習慣がある。
 (食べると、災いを除け、
  長寿富貴を得られるらしい。)
 「春の七草」が話題になると、
 そろそろお正月モードも
 終わりに近づきますね。
 
 
・「君がため
  春の野に出でて
  若菜摘(つ)む
  我が衣手に 雪は降りつつ」
  (若菜 = 春の七草)
   古今集
   光孝天皇
   (こうこうてんのう)
   百人一首(15)
 

せり なずな

ごぎょう はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ

 
・春の七草は
 「七草がゆ」にして食べるなど、
 ”食”を楽しむものですが、
 秋の七草の方は
 花を”見る”ことを
 楽しむもののようです。
 
(参考)秋の七草
 
 
            ↑ 上へ
 
__________________


「歳時記」 お正月関連へ
 
お正月用語へ
 
俳句・短歌コーナーへ
 
名前に「数字」を含む花へ
     (七)

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記



      ピンク

      

  その他の色



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

観葉植物  食虫植物  珍しい花

  葉っぱ   雑草 

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  十二支

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.