繁縷 (はこべ)


(はこべら)

(春の七草の一つ)



ハコベ

(花)

'10. 3.13  自宅



写真集(写真6枚)へ
(花)


春の七草へ


          ↓ 下へ
・撫子(なでしこ)科。
・学名
  Stellaria media
   Stellaria : ハコベ属
   media : 中間の

 Stellaria(ステラリア)は、
 ラテン語の 
 「stella(星)」が語源。
 花の形が星形をしていることから。
 学名 S へ


・春の七草の一つ。
・春、道ばたでよく見かける。
・すごく小さく白い5弁花。
 (さらにそれが2裂するので
  10弁花に見える)

・春の七草では「はこべら」、
 千曲川旅情の歌では
 「はこべ」の名で登場する。
・茎は地上をぐるりと這う。

・タンパク質、
 ビタミンB、Cなどに富む。
 昔は食用にしていた。
 また、これを炒った粉に
 塩を混ぜて
 歯磨き粉としても用いた。

・昔の
 「はびこりめむら(蔓延芽叢)」
 が変化して 
 「はこべら」になった、
 という説がある。
 また、茎がよくはびこり、
 種が落ちると
 その年のうちに芽が出て
 繁茂することから、ともいわれる。

・漢字の「繁縷」は漢名。
 茎の中に目立つ筋(縷(る))が
 あることから。


・島崎藤村の
 「小諸なる古城のほとり」
 には繁縷が登場する。
  「小諸なる古城のほとり
   雲白く遊子悲しむ
   緑なす繁縷は萌えず
   若草も藉(し)くに
   よしなし」

・別名
 「朝しらげ」
 (「日出草」とも書く)
   朝日が当たると
   花が開くことから”朝開け”
   それが変化して”朝しらげ”。

・よく似た品種に
 「牛繁縷(うしはこべ)」がある。
 葉っぱはしわしわ。
 花柱は5個
 (「繁縷」の花柱は3個)。
 とても見分けにくい。
 ここでは「繁縷」として
 1ページにしました。


・「カナリヤの
  餌に束ねたる はこべかな」
   正岡子規


・春の七草へのリンク
 春の七草

 せり  なずな

 ごぎょう  はこべら

 ほとけのざ

 すずな すずしろ


・似ている花へのリンク
 オランダ耳菜草  岩爪草

 千振(せんぶり)


            ↑ 上へ

__________________


「歳時記」 お正月関連へ

お正月用語へ

雑草コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.