木通 (あけび)


(「通草」とも書く)

(+ 三葉木通(みつばあけび))



アケビ
 
「木通」の花
 
撮影日 : 2005. 4.18
    (平成17年)     
 
撮影場所: 江東区 東砂    



ミツバアケビ
 
「三葉木通」の実  割れた♪
 
撮影日 : 2011.10.14
    (平成23年)     
 
撮影場所: 江東区 東砂    
 

 
写真集 1(写真10枚)へ
(木通と三葉木通の、花、実)

写真集 2(写真9枚)へ
(三葉木通の実)
 
写真集 3(写真5枚)へ
(木通の実)
 
 
          ↓ JUMP
・木通(あけび)科。
・学名
  Akebia quinata
       (木通)
  Akebia trifoliata
       (三葉木通)

   Akebia : アケビ属
   quinata : 五枚の小葉の
   trifoliata : 三枚の葉の
 学名 A へ
 
 
・開花時期は、 4/ 1 ~ 4/末頃。
・つる性植物。 

・名前は、実が熟して割れたさまが、
 人の「あくび」に似ていることから
 「あけび」に変化していった。
 また、実は熟してくると
 ぱっくり口をあけたように 
 裂けることから、 
 「開け実(あけみ)」
  →「あけび」になった、
 という説もある。

・実の白い中身は食べられる。
 つるの部分は利尿作用があり、
 漢字の「木通」は、 
 「小水が通じるつるの木」
 からきているらしい。  
 
・春の若菜は、”おひたし”や
 お茶(アケビ茶)に使われる。
・江戸時代は、
 実の中の種子から油を採った。
 
・木通の葉は5枚で丸っこく、
 三葉木通の葉は3枚で、
 ふちは波状になっている。

・「通草」とも書く。
・「実」は郁子(むべ)に似ている。

 
            ↑ 上へ
 

解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.