半化粧 (はんげしょう)


(半夏生(はんげしょう)、
 片白草(かたしろぐさ))

(Lizard's tail)



ハンゲショウ

(白い葉っぱと花)

'04. 7.10  八王子市 高尾山口



写真集 1(写真9枚)へ
(新芽、若葉、白い葉っぱ)

写真集 2(写真7枚)へ
(白い葉っぱ、花)


          ↓ 下へ
・毒痛み(どくだみ)科。
・学名
  Saururus chinensis
   Saururus : ハンゲショウ属
   chinensis : 中国の

 Saururus(ソーララス)は、
 ギリシャ語の
 「sauros(トカゲ)
  + oura(尾)」が語源。 
 トカゲの尾のような
 穂状の花序から。
 学名 S へ


・開花時期は、 7/ 1 ~ 7/20頃。
・上の方の葉っぱが、
 ペンキをべったり塗ったように
 白くなるのがおもしろい。

・「半化粧」
 「半夏生」
 「片白草(かたしろぐさ)」
 など、いろんな呼び名がある。

・花期に葉が白くなるのは、
 虫媒花であるために
 虫を誘う必要から
 このように進化したのではないか、
 といわれている(白くて目立つ)。

・花は葉と同じく白で、紐状。
・花が咲き終わって
 夏の盛りの頃になると、
 白い葉の白い部分は色落ちして、
 ふつうの緑色っぽくなる。

・山の水辺に群生することが多いが、
 都会でもときどき
 植えられてるのを見かける。



■名前の由来

「半夏生」(はんげしょう)
  夏至から数えて11日目の日
  (もしくはその日から5日間)を
  「半夏生」と呼ぶが、
  その頃に花が咲くことから。

 ※「半夏生」=「1年の真ん中」
   1/1~12/31の1年の、真ん中。
   「7月2日」のことが多い。
   「7月1日」のこともある。

 なお、七十二候の「半夏生」は、
 正しくは
 「半夏(はんげ)が生ずる」
 の意味であり、
 その「半夏」とは
 烏柄杓(からすびしゃく)
 のことを指すが、
 「半夏生」といえば
 当ページの花を
 思い浮かべてしまう。


「半化粧」(はんげしょう)
「片白草」(かたしろぐさ)
  葉の半分ほどが
  白くなることから。


・似ている花へのリンク
 南京黄櫨(なんきんはぜ)

・似ている葉へのリンク
 崑崙花(こんろんか)

・「半夏」シリーズ
 半夏生  半夏(烏柄杓)


            ↑ 上へ

__________________


色や模様が変わる葉っぱコーナーへ

池・湿地の花 コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.