真弓 (まゆみ)


(「檀」とも書く)

(Spindle tree)



マユミ
 
(実)
 
撮影日 : 2012.12. 8
    (平成24年)     
 
撮影場所: 港区 自然教育園  
 

 
写真集 1(写真8枚)へ
(つぼみ、花、実)
 
写真集 2(写真7枚)へ
(実、タネ)
 
 
          ↓ JUMP
・錦木(にしきぎ)科。
・学名
  Euonymus sieboldianus
   Euonymus : ニシキギ属
   sieboldianus : 
      日本植物の研究者の
     「シーボルト」さんの

 Euonymus(ユオニマス)は、
 ギリシャ語の 
 「eu(良い)
  + onoma(名)」が語源。
 ”良い評判”を意味する。
 学名 E へ
 
 
・昔、この木で弓を作ったので
 「真弓」の名になった。
 真弓の樹質は硬いが、
 柔軟性がある。
・ピンク色の実が割れて
 オレンジ色の種子が出てくる。
 この様子がとても美しい。
・「檀」とも書く。

・材で、
 こけしや将棋の駒をつくる。

・春、この若葉を
 菜飯(なめし)として
 食べるとおいしいらしい。
 
 
・「白檀弓(しらまゆみ)
  いま春山に
  行く雲の 逝きや別れむ 
  恋しきものを」
   万葉集
 
 「天の原
  ふりさけ見れば 白真弓
  張りてかけたり
  夜道はよけむ」
   万葉集
   間人大浦
   (はしひとのおほうら)
 
 「南淵(みなぶち)の
  細川山に 立つ壇 
  弓束(ゆづか)纏(ま)くまで
  人に知らえじ」 
   万葉集
 
 「み薦(すず)刈る
  信濃の真弓 わが引かば
  貴人(うまひと)さびて
  いなと言はむかも」
   万葉集
   久米禪師(くめのぜんじ)
 
 「しらまゆみ
  磯辺の山の 松の葉の
  常磐にものを
  思ふころかな」
   金槐和歌集 源実朝
 
 「深山辺(みやまべ)や
  真弓よりこき 色ぞなき
  紅葉は秋の
  ならひなれども」
   土御門院(つちみかどいん)
 

・似ている実へのリンク
 吊花  錦木  蔓梅擬
 

            ↑ 上へ
 
__________________

 
けやきなどの高木 コーナーへ
 
俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記



      ピンク

      

  その他の色



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

観葉植物  食虫植物  珍しい花

  葉っぱ   雑草 

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  十二支

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.