菜の花 (なのはな)


(花菜(はなな))
(菜花(なばな))
(菜種(なたね))

(Rape blossom,  
 Celery cabbage)



ナノハナ

「菜の花」

'05. 3.21  葛西臨海公園



写真集 1(写真8枚)へ
(若葉、花)

写真集 2(写真8枚)へ
(花、実、タネ、野菜)

写真集 3(写真7枚)へ
(いろんなナノハナの品種)


          ↓ 下へ
・油菜(あぶらな)科。
・学名
  Brassica napus(西洋油菜)
   Brassica : アブラナ属

 Brassica(ブラシカ)は、
 古いラテン名で
 「キャベツ」を意味する。
 学名 B へ


・開花時期は、 2/ 1 ~ 5/ 5頃。
・一面黄色に群生しているさまが
 すばらしい。
・「菜の花(なのはな)色」
  → 色 いろいろ へ

・”野菜(菜っ葉)の花”
 という意味から
 「菜の花」になった。
 おひたしや和え物(あえもの)
 として食べられる。

・「菜の花」は、
 春によく見かける
 黄色い花の総称として
 使われるが、
 ふつう見かけるのは
 「西洋油菜
  (せいようあぶらな)」
 なので
 「西洋油菜」のことを
 「菜の花」と呼ぶことが多い。

・蜜(みつ)を作る原料として、
 養蜂業者の人たちは
 九州などの暖地から
 花期に従ってしだいに北上して
 その花蜜を集めるらしい。

・3月の「桃の節句」では、
 の花とともに
 一緒に飾られることがある。


・菜の花の別名。
  「花菜」(はなな)
  「菜花」(なばな)
  「菜種」(なたね)
   菜の花が咲く頃に
   降り続く雨を
  ”菜種梅雨(なたねづゆ)”
   という。

・昔は、種子から
 菜種油(なたねあぶら)をとる、
 「油菜(あぶらな)」のことを
 菜の花と呼んだ。
 「油菜(あぶらな)」
   40%が油分。
   昔は灯火、食用油、
   潤滑油などに使われ、
   搾りかすは肥料に使われた。
   今は、ほとんど見かけない。


・3月7日の
 誕生花(菜の花)
・花言葉は
 「豊かさ、財産」(菜の花)
・千葉県の県花(菜の花)


・「菜の花や
  月は東に 日は西に」
   与謝蕪村(よさぶそん)


・東京周辺の見どころ

 <房総フラワーライン>
   春先の房総半島の先端近く。
   花の即売所も多数。
   花見頃1月~3月下旬。
   千葉県南房総市千倉、等。
   最寄駅
    JR内房線千倉駅、等


・似ている花へのリンク
 葉牡丹  菘(蕪)

 蘿蔔(大根)



            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

野菜・果物コーナーへ

都道府県の花・木 コーナーへ

色 いろいろ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記



      ピンク

      

  その他の色



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

観葉植物  食虫植物  珍しい花

  葉っぱ   雑草 

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  十二支

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.