棗 (なつめ)


(「夏芽」とも書く)

(Jujube tree)



ナツメ
 
(実)
 
撮影日 : 2010.10.25
    (平成22年)     
 
撮影場所: 江東区 東砂    
 

 
写真集 1(写真10枚)へ
(花、実)
 
写真集 2(写真7枚)へ
(実)
 
 
          ↓ JUMP
・黒梅擬(くろうめもどき)科。
・学名
  Zizyphus jujuba
     var. inermis

   Zizyphus : ナツメ属
   inermis : とげのない
 学名 Z へ
 
 
・中国原産。
・「夏芽」とも書く。
 初夏になって
 芽を出すことによる。
 「棗」の字は漢名から。

・秋に赤い楕円形の
 「なつめ」の実がなる。
 食用になるほか、
 お菓子や薬用にもなる。
 ヤシの「ナツメヤシ」の実に
 似ている。

・材は車軸や印材になる。
 
 
・「梨棗
  黍に 粟つぎ 延ふ葛の
  後も逢はむと 葵花咲く」
  (なしなつめ
   きびにあはつぎ
   はふくずの
   のちのあはむと
   あふひはなさく)
   万葉集 作者不詳
 
 「玉掃(たまばはき)
  刈り来(こ)鎌麿(かままろ)
  室(むろ)の樹と
  棗が本と かき掃かむため」
   万葉集
   長意吉麿(ながのおきまろ)

 
            ↑ 上へ
 

俳句・短歌コーナーへ 野菜・果物コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.