凌霄花 (のうぜんかずら)


(Trumpet creeper)



ノウゼンカズラ
 
(花)
 
撮影日 : 2011. 7.12
    (平成23年)     
 
撮影場所: 江東区 南砂    
 

 
写真集 1(写真9枚)へ
(若葉、つぼみ、花)
 
写真集 2(写真7枚)へ
(花)
 
写真集 3(写真8枚)へ
(ピンク色の品種、
アメリカ凌霄花の花と実)
 
 
          ↓ JUMP
・凌霄花(のうぜんかずら)科。
・学名
  Campsis grandiflora
      (凌霄花)
  Campsis radicans
      (アメリカ凌霄花)

   Campsis : 
      ノウゼンカズラ属
   grandiflora : 大きい花の
   radicans : 根を生ずる

 Campsis(カンプシス)は、
 ギリシャ語の  
 「Kampsis(湾曲、曲がっている)」
 が語源。 
 おしべの形が
 曲がっているところから。
 学名 C へ
 
 
・開花時期は、 6/25 ~ 9/15頃。
・中国原産。
 古くから薬として使われていた。
 日本には平安時代の
 9世紀頃に渡来。

・オレンジ色の派手な花。
・つるでどんどん伸びていく。
 いろいろからみつく。
 
 
・とても寿命の長い木で、
 豊臣秀吉が朝鮮半島
 から持ち帰ったといわれるものが
 金沢市にまだ健在らしい。
   (樹齢400年以上・・・)

・古名の「のせう」が変化して
 「のうぜん」になったとも、
 「凌霄」の音読みの
 ”りょうしょう”が変じて
 「のしょう」になったとも
 いわれる。
 「凌霄花」は漢名からで、
 「凌」は”しのぐ”、 
 「霄」は”そら”の意味で、
 つるが木にまといつき
 天空を凌ぐほど高く登る
 ところから、この名がついた。

・茎、花が甘いらしく、
 よく蟻(あり)が
 うろうろしている。
 
 
・江戸時代の貝原益軒さんが
 「花上の露、目に入れば
  目暗くなる」と記述し
 いかにも有毒の花、
 というイメージがついているが、
 実際には毒はない。
 
・「凌霄花に
  秋の通ふか 風見ゆる」
   恒丸


・似ている花へのリンク
 ジギタリス  

 レーマンニア  ツノゴマ


・「凌霄」シリーズ
 凌霄葛  凌霄葉蓮

 
            ↑ 上へ
 

俳句・短歌コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.