オキザリス


(紫カタバミ、芋カタバミ、
 大黄花カタバミ、デッペイなど) 

(Oxalis, Lady's sorrel)



オキザリス、ムラサキカタバミ
 
「紫カタバミ」
 
撮影日 : 1999. 4.16
    (平成11年)     
 
撮影場所: 江東区 東砂    
 
 
 
オキザリス、オオキバナカタバミ
 
「大黄花酢漿草      
(おおきばなかたばみ)」 

 早春から咲きだす。
 
撮影日 : 2007. 4. 7
    (平成19年)     
 
撮影場所: 江戸川区 西葛西  
 


オキザリス、デッペイ
 
「デッペイ」という品種。
”四つ葉”の葉が目立つ。
 
撮影日 : 2012. 7.24
    (平成24年)     
 
撮影場所: 江東区 南砂    



写真集 1(写真9枚)へ
(紫カタバミ、芋カタバミ、等)
 
写真集 2(写真11枚)へ
(大黄花酢漿草、デッペイ)
 
 
          ↓ JUMP
・酢漿草(かたばみ)科。
・学名
  Oxalis corymbosa
      (紫カタバミ)
  Oxalis articulata
      (芋カタバミ)

   Oxalis : カタバミ属
   corymbosa : 散房花序の
   articulata : 節目がある

 Oxalis(オキザリス)は、
 ギリシャ語の
 「oxys(酸っぱい)」が語源。
 葉や茎に
 蓚酸(しゅうさん)を含み
 酸味があることから。
 学名 O へ
 
 
・葉は3枚。
 葉の形は
 「白詰草(クローバー)」
 に似ている。
 
・花は「かたばみ」に
 そっくりだが、
 オキザリスは
 「かたばみ」に比べて
 花が大きいので別ページにし、
 また品種も多いので 
 「オキザリス」のページ名
 にしました。


・春から夏にかけて開花。
 でもほぼ1年中、
 どこかで見かける。
 開花するのは昼間だけ。
 夜は閉じる。


・品種はいっぱいある。
 「紫酢漿草
  (むらさきかたばみ)」
 「芋酢漿草
  (いもかたばみ)」
 「大黄花酢漿草
  (おおきばなかたばみ)」
 など。

 よく見かけるのは
 「紫酢漿草」と
 「芋酢漿草」だが、
 両者区別しにくい。
 両者ともピンク色の花びら。
 (紫~は、
   花びらの中央がうすいピンク
  芋~は、
   花びらの中央が濃いピンク)

 「大黄花酢漿草
  (おおきばなかたばみ)」は
 早春の頃から咲きだす。

 また、大きなクローバーのような
 ”四つ葉”の葉が目立つ、
 「デッペイ」という品種もある。
 

・「酢漿草(かたばみ)」は
 「傍食」「片喰」「片食」
 とも書く。
 
・sorrel は
 「すいば、かたばみ」の意味。

・10月1日の誕生花
     (オキザリス)
・花言葉は「喜び、母親の優しさ」
     (オキザリス)


・似ている花へのリンク
 現の証拠  酢漿草(かたばみ)

 ペチコート水仙  フリージア


・似ている葉へのリンク
 白詰草
 

            ↑ 上へ
 

解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.