蠟梅 (ろうばい)


(「蝋梅」「臘梅」とも書く)

(Winter sweet)



ロウバイ
 
(いい香りです♪)
 
撮影日 : 2005. 1. 9
    (平成17年)     
 
撮影場所: 江戸川区      
      新左近川親水公園  
 

 
写真集 1(写真7枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 2(写真7枚)へ
(花)

写真集 3(写真9枚)へ
(花、若い実)

写真集 4(写真11枚)へ
(実、葉っぱ)
 
 
          ↓ JUMP
・蠟梅(ろうばい)科。
・学名
  Chimonanthus praecox
     (蠟梅)
  Chimonanthus praecox
    form. concolor
     (素心蠟梅
      (そしんろうばい))

   Chimonanthus : ロウバイ属
   praecox : 
       早熟の、早咲きの
   concolor : 同色の

 Chimonanthus
 (チモナンサス)は、
 ギリシャ語の
 「cheimon(冬)
  + anthos(花)」が語源。
 「冬の花」を意味する。
 学名 C へ
 
 
・開花時期は、12/25 ~ 翌 3/15頃
           (蠟梅)。
・お正月頃から咲き出す。
 花の少ない季節に咲く、
 うれしい花です。
・とてもよい香り。
・中国原産。
 日本には17世紀頃に渡来。
 
 
・「”蠟細工”のような、
   梅に似た花」から
 「蠟梅」の名になったらしい。
 寒さや霜から身を守るために
 蠟細工状なのかな?

 また、臘月(ろうげつ:
    陰暦の12月)に
 梅に似た花を
 咲かせるところから、とも。
 (「臘梅」の字で
   表わすこともある)。


・よく見られるのは蠟梅のうちの
 「素心蠟梅(そしんろうばい)」。
 花の外側だけでなく
 内側も黄色いのが特徴。
 ふつうの「蠟梅」は
 内側がちょっと赤っぽい。
 私が撮った写真は
 ほとんどが「素心蠟梅」。
 
 
・葉っぱは、
 ふつう花が咲く前に落葉するが、
 開花時にまだ残っていて
 徐々に落葉する場合もあるようだ。
 表面はザラザラした感触。
・花のあとでできる実は、
 なんともユニークな形。
 花の姿からは想像できない。


・1月27日の誕生花(蠟梅)
・花言葉は「先導、先見」(蠟梅)


・「蠟梅」シリーズ
 蠟梅  アメリカ蠟梅
 

            ↑ 上へ
 

いい香りの花のコーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.