朴の木 (ほおのき)


(朴(ほお)、朴柏(ほおがしわ))



ホオノキ
 
       (花)       
 
撮影日 : 2010. 5.16
    (平成22年)     
 
撮影場所: 新宿区 新宿御苑  
 

 
写真集 1(写真11枚)へ
(つぼみ、花)
 
写真集 2(写真7枚)へ
(花)
 
写真集 3(写真10枚)へ
(花、黄葉、実)
 
 
          ↓ JUMP
・木蓮(もくれん)科。
・学名
  Magnolia obovata
   Magnolia : モクレン属
   obovata : 倒卵形の

 Magnolia(マグノリア)は、
 18世紀のフランス、
 モンペリエの植物学教授 
 「Magnol さん」の名前にちなむ。
 学名 M へ
 
 
・「ほお」は「ほう」(包)の意で、
 大きな葉に
 食べ物を盛ったことからの命名。
 葉はものすごくでかく、
 (多分、日本の樹木の葉の中で
 一番大きい?)、おにぎりが
 10個ぐらい包めそうなサイズ。

 本によると、
 葉は長さ40cmにも達し、昔は
 今でいう紙皿やアルミホイールの
 用途として使われた。 


・「朴葉焼き(ほおばやき)」 
 朴の木の葉に、
 刻んだ山菜と味噌をのせて炭火で
 焼いたもの。
 香ばしくおいしいらしい。

・5月頃、
 香りのある大きな白い花が咲く。
 
 
・幹などの材は軟らかく均質で、
 今でも下駄(げた)の歯や
 家具の引きだし、     
 版画用の板などに使われる。

・別名
 「朴(ほお)」
 「朴柏(ほおがしわ)」
 
 
・「吾(わ)が背子(せこ)が
  捧げて持てる ほほ柏
  あたかも似るか
  青き蓋(きぬがさ)」 
   万葉集
   恵行(えぎょう) 
 
 「皇祖神(すめろぎ)の
  遠御代(とおみよ) 
  御代(みよ)は
  い敷き折り
  酒(き)飲むといふそ
  このほほ柏」 
   万葉集
   大伴家持 
 

・似ている花へのリンク
 コブシ  泰山木

 大山蓮華  木蓮
 

            ↑ 上へ
 
__________________

 
俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記



      ピンク

      

  その他の色



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

観葉植物  食虫植物  珍しい花

  葉っぱ   雑草 

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  十二支

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.