辛夷 (こぶし)


(田打桜(たうちざくら))

(Magnolia)

(+ 四手辛夷、紅辛夷)



コブシ

「辛夷(こぶし)」の花

'04. 3.21  葛西臨海公園



シデコブシ

「四手辛夷(しでこぶし)」の花

'13. 3.16  新宿御苑



写真集 1(写真5枚)へ
(花芽、つぼみ)

写真集 2(写真7枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 3(写真9枚)へ
(花)

写真集 4(写真8枚)へ
(花、葉っぱ)

写真集 5(写真8枚)へ
(実、タネ、黄葉)

写真集 6(写真5枚)へ
(四手辛夷)

写真集 7(写真5枚)へ
(四手辛夷、紅辛夷)


          ↓ 下へ
・木蓮(もくれん)科。
・学名
  Magnolia kobus
   Magnolia : モクレン属
   kobus : コブシ

 Magnolia(マグノリア)は、
 18世紀のフランス、
 モンペリエの植物学教授
 「Magnol さん」の名前にちなむ。
 学名 M へ


・開花時期は、 3/15 ~ 4/15頃。
・「北国の春」(千昌夫)の
 歌詞にでてくる。
  ♪ こぶし咲く
    あの丘 北国の
    ああ 北国の春 ♪

・昔の人は、この花の開花時期から
 農作業のタイミングを判断したり、
 花の向きから
 豊作になるか否かを占ったりした。
  (種まき桜と呼ぶ地方もある)

・つぼみが開く直前の形が
 子供のにぎりこぶしに
 似ているところから
 この名前になったらしい。
 また、辛夷の実は
 ゴツゴツしており、
 その実の具合から
 「こぶし」と命名されたのでは、
 との説もある。


・白い花で、花びらの幅は狭い。
 全開する。
 白木蓮より小さい。
 葉に先立って開花。
・花の下に小さい葉を一枚つける。

・細長い花びらが10数枚あって
 垂れ下がるさまが、
 神前に供える玉串の
 「四手」に似ている、
 「四手辛夷(しでこぶし)」や、
 ピンク色の
 「紅辛夷(べにこぶし)」
 もある。


・花のつぼみを摘み取り
 乾燥させたものを、
 同じ漢字で
 「辛夷(しんい)」といい、
 生薬(しょうやく)の一つに
 数えられる。
 風邪による頭痛や
 鼻づまりなどに効く。

・別名
 「田打桜(たうちざくら)」
   昔は、コブシが咲くと
   田植えを始めたことから。

・3月24日の誕生花(辛夷)
・花言葉は「信頼」(辛夷)


・似ている花へのリンク
 白木蓮  木蓮

 泰山木  朴の木


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.