鬼灯 (ほおずき)


(「鬼燈」「酸漿」とも書く)

(輝血(かがち))

(Chinese lantern plant)



ホオズキ
 
       (実)       
 
撮影日 : 2002.10. 9
    (平成14年)     
 
撮影場所: 江戸川区 西葛西  
 

 
写真集 1(写真10枚)へ
(花、実)

写真集 2(写真10枚)へ
(実)

写真集 3(写真7枚)へ
(実、枯れ姿)
 
 
          ↓ JUMP
・茄子(なす)科。
・学名
  Physalis alkekengi
    var. franchetii

   Physalis : ホオズキ属
   alkekengi :
     「ホオズキ」の
      アラビア語
   franchetii : 
      フランスの
      分類学者
     「フランシェー」さんの

 Physalis(フィサリス)は、
 ギリシャ語の
 「physa(水泡、気泡、
  ふくれたもの)」が語源。
 ふくらんだホオズキのさやに由来。
 学名 P へ
 
 
・花びらは5弁。5角形。
 6~7月頃に開花。
・オレンジ色の実は、
 お盆のときに提灯がわりに
 飾られることがある。

・夏は全国各地で
 「ほおずき市」が開かれるが、
 東京では、
 浅草の浅草寺(せんそうじ)の
 「ほおずき市」が有名。
 毎年7月9日、10日に開催。

 (参考→) 朝顔市
 
 
・この実の中に、
 外側と同じオレンジ色の球形の
 ”ほんとの実”がある。
 この実の中身を楊子などで
 掻き出して皮だけにしたものを
 口にして鳴らすことができる
          (らしい)。
 名前も
 「ほほつき」(頬突き)の意で、
 子供が口にして鳴らす
 頬の様子から。
 また、昔の方言で「オホ」
 という名前の亀虫が  
 つきやすかったことから
 「オホヅキ」となり、
 それがしだいに
 「ホオヅキ」になった、とも。

 名前のふりがなは
 「ほおずき」としたが、
 「ほおづき」でもよいようだ。
 
・「鬼燈」、「酸漿」とも書く。
 難しい漢字・・。
 でも漢字の「鬼灯」って、
 なんか雰囲気出てますね。
 
・別名
 「輝血」(かがち)。
 
 
・「籠(かご)かばふ
  鬼灯市の 宵の雨」
   水原秋桜子
   (みずはらしゅうおうし)


・「鬼灯」シリーズ
 鬼灯  犬鬼灯  大葉溝鬼灯


            ↑ 上へ
 
__________________

 
俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記



      ピンク

      

  その他の色



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

観葉植物  食虫植物  珍しい花

  葉っぱ   雑草 

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  十二支

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.