なんじゃもんじゃの木


(一葉たご(ひとつばたご))



ナンジャモンジャノキ

(花)

'10. 5. 7  仙台堀川公園



写真集 1(写真9枚)へ
(新緑、つぼみ、花)

写真集 2(写真8枚)へ
(深大寺の銘木、花、実)


          ↓ 下へ
・木犀(もくせい)科。
・学名
  Chionanthus retusus
   Chionanthus : 
     ヒトツバタゴ属
   retusus : 
     先端が、ややくぼみの
     ある円形の

 Chionanthus(チオナンサス)は
 ギリシャ語の
 「chion(雪)
  + anthos(花)」が語源で、
 白い花のかたまりを
 雪にたとえた。
 学名 C へ


・開花時期は、 4/20 ~ 5/10頃。
・プロペラ型の白い花。
 すぐ散ってしまう。

・明治時代、東京の青山練兵場
 (今の明治神宮外苑)の
 道路沿いに
 このなんじゃもんじゃの木があり、
 名前がわからなかったので
 「何の木じゃ?」とか
 呼ばれているうちに
 いつのまにか
 「なんじゃもんじゃ?」
 という
 変わった名前になってしまった♪

  「何でふ物ぢゃ」
 →「なんじゅうものじゃ?」
 →「なんじゃもんじゃ?」


・「なんじゃもんじゃの木」
 という名前の木は
 いろいろあり、

 「くすのき」

 「あぶらちゃん」

 「かつら」

 などに
 「なんじゃもんじゃの木」
 の名前がつけられている。
 (関東地方で多いらしい)。


 千葉県神崎町の
 「神埼(こうざき)神社」
 (利根川沿いにある)にある
 くすのきは、
 水戸黄門が自ら
 「なんじゃもんじゃ」と言った
 との伝承もあるらしい。


 ただし、一般的に
 よく知られているのは
 上記青山練兵場に
 植えてあったのと同じ、
 「一葉(ひとつば)たご」
 と呼ぶ種類。
 (「たご」は「とねりこ」
   という木の方言名。
  「とねりこ」が羽状複葉で
   あるのに対して
   こちらが単葉であること
   から名づけられた)


・東京周辺の見どころ

 <調布の深大寺>
   「深大寺そば」で有名。
   境内に、とても大きい、
   なんじゃもんじゃの木がある。
   花見頃5月上旬。
   調布市深大寺元町。
   最寄駅
    京王線調布駅、または
    京王線つつじヶ丘駅、または
    中央線三鷹駅の
     それぞれからバス 


・似ている花へのリンク
 栴檀(せんだん)  ピンポンの木

 采振木(ざいふりぼく)

            ↑ 上へ

__________________


珍名コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.