菖蒲 (しょうぶ)


(Sweet flag)



ショウブ
 
菖蒲湯(しょうぶゆ)♪
 
撮影日 : 2003. 5. 5
    (平成15年)     
 
撮影場所: 自宅        



ショウブ、軒菖蒲

「軒菖蒲(のきしょうぶ)」

端午の節句(5月5日)の頃、    
屋根の端に菖蒲やヨモギの葉を吊るして
邪気を払う風習。          

撮影日 : 2014. 5. 5
    (平成26年)     

撮影場所: 港区 白金台    
         畠山記念館  
 

 
写真集 1(写真9枚)へ
(菖蒲湯、花)
 
写真集 2(写真5枚)へ
(軒菖蒲)
 
 
          ↓ JUMP
・里芋(さといも)科。
・学名
  Acorus calamus
    var. angustatus

   Acorus : ショウブ属
   calamus : 管の
   angustatus : 狭い、細い

 Acorus(アコラス)は、
 ギリシャ語の
 「a(否定)+coros(装飾)」
 が語源。
 「美しくない花」の意味から。
    (他にも諸説あり)
 学名 A へ
 
 
・漢名の「菖蒲」を
 音読みしたもの。
・「菖蒲」と書いて
 「あやめ」と
 読ませることもあるが、
 本来は「菖蒲」は
 こちらの植物を指す。
 <参考> 文目(あやめ)。
 ちなみに「花」をつけると
 花菖蒲。
 
・沼、川などの水辺に群生する。
・初夏に、
 うす茶色の花を咲かせる。
 花が咲く場所は変わっていて、
 葉っぱの途中に花穂をつける。
 ちょっと見た目には
 空中に浮いている
 ように見える。

・葉は剣状で、
 かすかに芳香あり。
 端午の節句(5月5日)の日に、
 菖蒲の葉を
 お風呂に入れる風習があり、
 薬効と香りによって、
 邪気を払うといわれる。
  (菖蒲湯(しょうぶゆ))。
 尚武(しょうぶ)
  → 菖蒲(しょうぶ)
 
 <参考> 柚子湯(ゆずゆ)
   → 柚子(12月)
 
 
・「ほととぎす
  今来鳴き初(そ)む
  菖蒲草(あやめぐさ)
  かづらくまでに
  離(か)るる日 あらめや」
   万葉集 大伴家持
 
 「ほととぎす
  待てど来鳴かず
  菖蒲草(あやめぐさ)
  玉に貫(ぬ)く日を
  いまだ遠みか」
  (菖蒲草(あやめぐさ)
     = 菖蒲(しょうぶ))
   万葉集 大伴家持
 

・似ている花へのリンク
 石菖  蒲(がま)
 

            ↑ 上へ
 

池・湿地の花 コーナーへ 俳句・短歌コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.