赤芽槲 (あかめがしわ)


(「赤芽柏」とも書く)

(比佐岐、久木、楸(ひさぎ))



アカメガシワ
 
     (赤い若葉)     
 
撮影日 : 2011. 4.25
    (平成23年)     
 
撮影場所: 江東区 新砂    
 

 
写真集 1(写真7枚)へ
(赤い若葉)
 
写真集 2(写真6枚)へ
(花、タネ)
 
 
          ↓ JUMP
・灯台草(とうだいぐさ)科。
・学名
  Mallotus japonicus
   Mallotus : 
     アカメガシワ属
   japonicus : 日本の

「Mallotus」は、ギリシャ語の
「mallotos
 (長い軟毛のある)」が語源。
 学名 M へ
 
 
・道端でよく見かける。
 成長すると
 10mを超える大木になる。

・名前は、若芽が赤っぽく見えて、
 また、  
 葉っぱを「槲(柏:かしわ)」
 と同じように
 食べ物を乗せるのに
 使用したところから。 
  (祭礼にも使われた)

・夏にもじゃもじゃな花を咲かせる。
 そのあと、いっぱい実をつける。
 実の中には黒い小さなタネがある。
 
・「赤芽柏」とも書く。

・別名
 「比佐岐(ひさぎ)」
 「久木(ひさぎ)」
 「楸(ひさぎ)」
   いずれも、赤芽槲の古名。
 
 
・「ぬばたまの
  夜の更けゆけば
  久木(ひさぎ)生(お)ふる
  清き川原に 千鳥しば鳴く」
    久木(ひさぎ)= 赤芽槲
   万葉集 山部赤人
 
 「うちなびき
  春さり来れば 久木生ふる
  片山かげに 鶯ぞ鳴く」
   金槐和歌集 源実朝
 

・「槲(かしわ)」シリーズ
   児の手柏(このてがしわ)

 赤芽槲  大葉紅槲


・「木へん」の春夏秋冬シリーズ
 椿    楸  
 

            ↑ 上へ
 

色や模様が変わる葉っぱコーナーへ けやきなどの高木 コーナーへ 俳句・短歌コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.