薊 (あざみ)


(Thistle シースル)

(野薊(のあざみ)など)



アザミ、ノアザミ

(花と、とげとげの葉っぱ)

'10. 6.22  江東区 東砂



写真集 1(写真8枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 2(写真9枚)へ
(花、タネ)

写真集 3(写真8枚)へ
(タネ、野薊)


          ↓ 下へ
・菊(きく)科。
・学名
  Cirsium japonicum
    (野薊(のあざみ))
   Cirsium : アザミ属
   japonicum : 日本の

 Cirsium
 (サーシアム、キルシウム)は
 ギリシャ語の古名の
 「cirsion」が語源。

 「cirsos(静脈腫)」の
 症状に対して
 薬効を持つ植物があり、
 その植物に
 アザミが似ていることから
 この名前になった。
 学名 C へ


・薊の種類はいろいろあり、
 どれもよく似ていて
 分類が難しい。
 日本だけでも
 約60種類もあるらしい。

  「野薊」(のあざみ)
  「野原薊」(のはらあざみ)
  「アメリカ鬼薊」
  (アメリカおにあざみ)・・

 ページのタイトルは
 「薊」にしました。

・「野薊(のあざみ)」は
 春咲きのアザミ。
 それ以外のアザミは、
 夏から秋にかけて咲く。


・沖縄の八重山地方では、
 とげを「あざ」と呼ぶことから
 「あざぎ」(とげの多い木)
 と呼ばれ、
 しだいに「あざみ」になった。
 また、「アザム」の言葉に
 由来するという説もある。

 「アザム」には
 「驚きあきれる」とか
 「興ざめする」の意味があり、
 花が美しいので
 手折ろうとすると
 トゲにさされて痛いので、
 「驚きあきれ、興ざめする」
 ということから
 この名前がついたらしい。


・昔、イギリスで、
 スコットランドと
 イングランドが 
 戦争をしていた時、
 この痛いトゲで
 スコットランドを
 守ったことから、
 今もスコットランドの
 国(地方)の
 国花となっている。


・葉は羽状に裂け、
 縁にとげがある。
・花のあとはタンポポみたいな
 種(たね)になり、
 風に乗って飛ぶ。

・9月24日の誕生花(薊)
・花言葉は「独立」(薊)

・「口をもて
  霧吹くよりも
  こまかなる
  雨にの
  花はぬれけり」
   長塚 節


・似ている花へのリンク
 田村草  紅花  ラシャカキグサ

 ごぼう  雄山火口




・「薊」シリーズ
 薊  葉薊  朝鮮薊

 郭公薊  瑠璃玉薊 


            ↑ 上へ

__________________


山野草・高山植物 コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

世界の国花コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.