芙蓉 (ふよう)


(Confederate rose)

(+ 酔芙蓉(すいふよう))



フヨウ
 
「芙蓉(ふよう)」
 
撮影日 : 2003. 8. 6
    (平成15年)     
 
撮影場所: 江東区 南砂    



スイフヨウ
 
「酔芙蓉(すいふよう)」
 
撮影日 : 2009. 9. 5
    (平成21年)     
 
撮影場所: 中央区 日本橋兜町 
 

 
写真集 1(写真8枚)へ
(芙蓉のつぼみ、花)

写真集 2(写真10枚)へ
(芙蓉の花、白花、先島芙蓉)

写真集 3(写真9枚)へ
(実、タネ(枯れ芙蓉))

写真集 4(写真7枚)へ
(酔芙蓉)

写真集 5(写真9枚)へ
(酔芙蓉)

写真集 6(写真12枚)へ
(酔芙蓉)
 
 
          ↓ JUMP
・葵(あおい)科。 
・学名
  Hibiscus mutabilis(芙蓉)

  Hibiscus mutabilis
    cv. Versicolor(酔芙蓉)

   Hibiscus : フヨウ
      (ハイビスカス)属
   mutabilis : 変わりやすい、
         不安定な  
   versicolor : 変色の、
        種々な色のある
 学名 H へ
 
 
・開花時期は、 8/ 1 ~ 10/ 5頃。
・ピンク色の大型の花。
 枯れたあとの姿も印象的
     (”枯れ芙蓉”)。

・昔から美しい人のたとえに
 用いられている花で、 
 美しくしとやかな顔立ちのことを
 「芙蓉の顔」という。
 
 
・「酔芙蓉(すいふよう)」
  芙蓉とほとんど同じ形の花だが、
  朝に開花したときは白花で、
  夕方になるにつれて
  だんだん赤くなるという、
  とてもおもしろい花。
  ”酔っぱらって赤くなった”
  とのことで 
  この名前になったらしい。
  ピンク色の「芙蓉」を
  夕方に見ただけだと
  ふつうの「芙蓉」と「酔芙蓉」は
  見分けがつきにくいが、 
  朝、白かった花が
  夕方ピンク色になっていれば、
  それは「酔芙蓉」かもしれない。
 
  「酔芙蓉」写真はこちら。 

    写真集 4

    写真集 5

    写真集 6
 
 
 
・「反橋(そりばし)の
  小さく見ゆる 芙蓉かな」
   夏目漱石 
 
 「草とって
  芙蓉明らかに なりにけり」
   河東碧梧桐
   (かわひがしへきごとう)
 
 「白き芙蓉
  あかき芙蓉と かさなりて
  児のゆく空に 秋の雨ふる」
   与謝野鉄幹
   (よさのてっかん)
 

・似ている花へのリンク
 ハイビスカス  木槿

 立葵  黄槿
 

・「芙蓉」シリーズ
 芙蓉 アメリカ芙蓉

 うなずき姫芙蓉

 
・「花の色がだんだん変わっていく」
           シリーズ
 箱根空木  番茉莉

 吸葛  酔芙蓉  ホットリップス

 
            ↑ 上へ
 

俳句・短歌コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.