菊 (きく)


(大輪の菊や、小菊、スプレーマム、
 ポットマムなど、いろいろ掲載) 

(Florist's chrysanthemum)



キク
 
     (大輪の菊)     
 
撮影日 : 1999.11. 3
    (平成11年)     
 
撮影場所: 大阪市 大阪城内  
 

 
キク
 
    (ピンクの小菊)    
 
撮影日 : 2004.11. 5
    (平成16年)     
 
撮影場所: 江東区 東砂    
 

 
写真集 1(写真8枚)へ
(つぼみ、花、大輪の花)

写真集 2(写真11枚)へ
(神社の菊、小菊、等)

写真集 3(写真7枚)へ
(小菊)

写真集 4(写真9枚)へ
(橙色、スプレーマム、等)

写真集 5(写真9枚)へ
(ポットマム、細長い花びら)

写真集 6(写真6枚)へ
(野路菊、紺菊、野紺菊、等)
 
 
          ↓ JUMP
・菊(きく)科。 
・学名
  Chrysanthemum morifolium
   Chrysanthemum : キク属 
   morifolium : 
     クワ属(Morus)の
     ような葉の

 Chrysanthemum
 (クリサンセマム)は、
 ギリシャ語の 
 「chrysos(黄金色)
  + anthemon(花)」が語源。
 学名 C へ
 
 
・開花時期は、10/20 ~ 12/20頃。
・東洋で最も古くからある
 鑑賞植物らしい。
 平安時代に中国から渡来。
 改良が重ねられ多くの品種がある。
 園芸品種としては
 「スプレーマム」や「ポットマム」
 などがよく知られる。
 「マム」=「菊」、とのこと。

 (「小菊」「スプレーマム」
  「ポットマム」の区別が
  私にはよくわかりません。
  「スプレーマム」や  
  「ポットマム」の名前の看板が
  ついているものはその名前を、
  路地ものなどで看板のないものは
  「小菊」と 
  表示したケースがあります。
  ご了承ください。
  どれもきれいな、菊の花です)。
 
 
・「きく」は
 漢名の「菊」を音読みしたもの。
 また、「菊」の漢字は、
 散らばった米を1ヶ所に集める、
 の意で、
 菊の花弁を米に見立てたもの。
 漢名の「菊」は
 ”究極、最終”を意味し、
 一年の一番終わりに
 咲くことから名づけられた。

・大輪の菊は、
 菊花展でよく見かける。
 11月の上、中旬頃が見頃。
 菊花展で見られるのは
 「厚物(あつもの)
     → 大輪もの」と
 「管物(くだもの)
     → 細い花びら」
 とに分けられる。 
 
 
・中国では菊は
 不老長寿の薬効があるとされ、
 陰暦の9月9日(重陽の節句)には
 菊酒を飲み長寿の祈願をした。
 これがしだいに日本にも伝わり、
 菊の花を酒に浮かべて飲み
 花を鑑賞する「重陽の宴」が
 催されるようになった。
 のちに菊は皇室の紋章になり、
 日本の国花になった。
 (日本の国花は、
  この菊との2つ)

・中国の
 「四君子(、菊、)」
 の一つ。
 水墨画の画材にもよく使われる。
 
            ↑ 上へ
 
・花の盛りは11月だが、
 冬になっても「残菊、晩菊」
 というサブネームで咲き続ける。
 これらはだいたい小菊のことだが、
 野性味の濃い小菊は寒さには強い。
 これらは冬になっても
 咲いているので「冬菊」とも、
 寒気の中で咲いているので
 「寒菊」とも呼ぶ。
 しかし、
 年を越える頃には
 やはり枯れてしまう
   → 「枯れ菊」になる

・ことわざ。
 「春蘭秋菊倶に廃す可からず」、
 (しゅんらんしゅうぎく
  ともにはいすべからず)。
  両者ともにすぐれており
  捨てがたい、の意。   
 

・兵庫県の県花(野路菊) 
・12月3日の誕生花(菊)
 1月5日、8月6日の誕生花
       (小菊)
 10月10日の誕生花
       (蛇の目菊)
 10月20日の誕生花
       (スプレー菊)
 11月22日の誕生花
       (東雲菊)
・花言葉は
 「思慮深い」(菊) 
 「真実、元気」(小菊) 
 「いつも愉快」(蛇の目菊)
 「私はあなたを愛する」
       (スプレー菊)
 「困難に耐える」(東雲菊)
 
            ↑ 上へ
 
・「父母が
  殿の後方(しりへ)の
  百代草(ももよぐさ)
  百代いでませ 
  わが来たるまで」
   (百代草=菊)
   万葉集 
   生玉部足国
   (いくたまべのたりくに)
 
 「心あてに
  折らばや折らむ 初霜の
  置きまどはせる 白菊の花」
   古今集
   凡河内躬恒
   (おおしこうちのみつね)
   百人一首(29)
 
 「濡れて折る
  袖の月影 ふけにけり
  籬(まがき)の菊の
  花のうへの露」
   金槐和歌集 源実朝 
 
 「秋のきく
  おのずからなる 華は見で
  うるさく人の
  作りなすかな」
   橘曙覧
   (たちばなのあけみ、
    江戸末期の国学者)
 
 「冬菊の
  まとふはおのが
  ひかりのみ」
   水原秋櫻子
   (みずはらしゅうおうし)
 

・似ている花へのリンク

 ダリア  赤花除虫菊

 マーガレット  ガザニア

 金盞花  麦藁菊

 オステオスペルマム

 ユリオプスデージー

 マーガレットコスモス
 

            ↑ 上へ
 

神社、お寺関連へ 俳句・短歌コーナーへ 世界の国花コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.