桜 (さくら)


(染井吉野、山桜 など)

(チェリーブラッサム)

(Japanese cherry,
Cherry blossom)
 
 
 
ソメイヨシノ
 
 「染井吉野(そめいよしの)」 
 
撮影日 : 2003. 4. 1
    (平成15年)     
 
撮影場所: 江東区 東砂    


          ↓ JUMP


桜 写真集 1(写真8枚)へ
 つぼみ → 開花    

桜 写真集 2(写真6枚)へ
 都内の桜        

桜 写真集 3(写真7枚)へ
 都内の桜        

桜 写真集 4(写真9枚)へ
 皇居の牛ヶ淵、大手濠  

桜 写真集 5(写真9枚)へ
 皇居の千鳥ヶ淵、    
 神代植物公園      

桜 写真集 6(写真5枚)へ
 東京近郊の桜、散桜   

桜 写真集 7(写真12枚)へ
 葉っぱ、紅葉      

桜 写真集 8(写真10枚)へ
 実、さくら餅      

桜 写真集 9(写真11枚)へ
 山桜          

桜 写真集 10(写真6枚)へ
 豆桜、千島桜      
 
 

<桜の定点観測>         
桜 定点観測 1(写真8枚)へ桜 定点観測 2(写真9枚)へ桜 定点観測 3(写真7枚)へ
晩春

桜 定点観測 4(写真7枚)へ
夏、初秋

桜 定点観測 5(写真7枚)へ桜 定点観測 6(写真8枚)へ
冬、雪景色


<桜の四季>           
桜 春夏秋冬(4枚組)   

桜 春夏秋冬(12枚組)   
 
 
<動画>             
■桜の花びらが舞う動画1  
(新長島川親水公園) 3秒 

■桜の花びらが舞う動画2  
(葛西臨海公園) 3秒   
 
 
          ↓ JUMP
・薔薇(ばら)科。
・学名
  Prunus × yedoensis
        (染井吉野)
  Prunus lannesiana
    var. speciosa(大島桜)
  Prunus jamasakura (山桜)

   Prunus : サクラ属 
   yedoensis : 江戸の 
   lannesiana : 
     園芸家「ラネス」さんの
   speciosa : 
     美しい、華やかな
   jamasakura : ヤマザクラ

 Prunus(プラナス)は、
 ラテン古名の
 「plum(すもも)」が語源。

・英語では、
 桜の木は「Japanese cherry」、
 桜の花は「Cherry blossom
   (チェリーブラッサム)」。
 学名 P へ
 
 
・開花時期は、 3/25 ~ 4/10頃
        (染井吉野)。
・日本原産。
・2月にもなると、
 桜の開花前線予想が 
 いろんなところから発表される。
 1日の平均気温がだいたい
 10度を越えたら”開花”。
 (最高気温が14度、
  最低気温が6度ぐらいかな)。

 開花から約1週間後に「満開」。
 (= 花の8割以上が開花)

 満開から数日後に「散りはじめ」。
 

・”花見”といえば桜。
 いろいろ種類があるが 
 「染井吉野(そめいよしの)」が
 もっとも有名。
 花は、うすピンク色。
 (日本で植えられている桜の大半は
  この染井吉野らしい)。

 「染井吉野」は、江戸時代に、
 上野の近くの
 駒込の染井村で植栽が始められ、
 初めは見事な桜の代名詞として
 「吉野桜」と呼ばれたが、
 誕生地の「染井」の名を加えて
 「染井吉野」の名になった。 


・白花でよく見かけるのは
 「大島桜(おおしまざくら)」。

・「桜花爛漫(おうからんまん)」
   → 桜が満開で、
    すばらしい眺めのこと♪
 
            ↑ 上へ
 
・桜の霊である
 「木之花咲耶姫
 (このはなさくやひめ)」が
 最初の桜のタネを
 富士山からまいたといわれ、
 「さくやひめ」の名前から
 「さくら」になったらしい。
 なお、「木之花」は
 「此花」と書かれることもある。
  此花咲耶姫
   → ”この花(桜)のように
      美しい姫”。
     この名前は
     「古事記」に出てくる。
 
・幹のところに横向きの線が
 入っているのが桜の特徴。 
・秋の紅葉もきれい。


・山桜は、花が咲くのと
 葉が出てくるのがほぼ同時で、
 葉っぱが茶色いのが特徴。
 (5月を過ぎると
  ふつうの緑色の葉っぱになる)
 染井吉野より、
 少しだけ遅れて咲き出す。


・日本の国花は、
 この桜(厳密には「山桜」)と
 の2つ。
 
 
・なぜ桜は
 人気があるんでしょう?

  「咲く前から開花を待ち構える
   雰囲気がある」
    ”もうすぐ桜シーズン”
    といううたい文句で
    いろいろPRされるので
    開花日が待ち遠しくなる

  「節目の季節に咲く」
    卒業、入学、入社など、
    いろいろな節目の時期に
    いっぱい咲くので
    印象に残りやすい

  「いろんなところで
   一斉に開花する」
    → 驚き♪

  「花は木全体に咲く」
    → ボリューム感 

  「花は葉っぱが出る前に咲く」
    → 花が目立つ 

  「うすピンク色(染井吉野)」
    → やわらかい色

  「すぐ散ってしまう」
    → 日本人好み

  「散るときに
   ハラハラと風に乗る
   花びらが美しい」
    → 絵になる
 
 こういった要素が桜に
 揃っているからだと思います。
 (これだけの条件が
  そろってる花は
  他にはないですね)
 
 
            ↑ 上へ
 
 
・大島桜(白っぽい桜)の葉っぱは
 「桜餅(さくらもち)」
 に使われる。
 若葉を半年ぐらい塩漬けにし、
 クマリンの香りを
 引き出すことで、
 独特の香りと塩味が出る。
 (防腐剤の役目もある)。
 葉っぱであんこのお餅を
 包みます。


・サクランボの実は
 染井吉野などではならず、
 西洋桜などにしかならない。
  → さくらんぼ
 ふつうの桜にも
 5月頃赤い実がなるが、
 さくらんぼより小さくて固い。
 

・「桜」の旧字は「櫻」です。
・3月8日の誕生花(桜) 
・花言葉は「優れた美人」(桜)
・東京都の花(染井吉野)
・山梨県の県花(富士桜) 
 
 
            ↑ 上へ
 
・「あしひきの
  山桜花 日(け)並べて
  かく咲きたらば
  いと恋ひめやも」
   万葉集   
   山部赤人
   (やまべのあかひと)
 
 「花の色は
  移りにけりな いたづらに
  我が身世にふる
  ながめせし間に」
   古今集
   小野小町(おののこまち)
   百人一首(09)
 
 「久方(ひさかた)の
  光のどけき 春の日に 
  しづ心なく 花の散るらむ」
   古今集
   紀友則(きのとものり) 
   百人一首(33)
 
 「もろともに
  あはれと思へ 山桜 
  花よりほかに 知る人もなし」
   金葉集
   前大僧正行尊  
   (さきのだいそうじょう
    ぎょうそん)
   百人一首(66)
 
 「高砂の
  尾上(おのえ)の桜
  咲きにけり
  外山(とやま)の霞
  立たずもあらなむ」
   後拾遺集
   権中納言匡房
  (ごんちゅうなごんまさふさ)
   百人一首(73)
 
 「願はくは
  花のしたにて 春死なむ
  その如月(きさらぎ)の
  望月(もちづき)のころ」
   西行  
 
 「吉野山
  ひとむら見ゆる 白雲は
  咲き遅れたる 桜なるべし」
   西行  
 
 「おしなべて
  花の盛に なりにけり
  山のはごとに かかる白雲」
   山家集 西行  
 
 「山桜
  散らばちらなむ 惜しげなみ
  よしや人見ず 花の名だてに」
   金槐和歌集 源実朝
 
 「ほのぼのと
  花の横雲 明けそめて
  桜に白む 三吉野の山」
   玉葉集 西園寺入道
 
 「世の中に
  たえてさくらの なかりせば
  春の心は のどけからまし」
   在原業平    
 
 「花の雲 鐘は上野か 浅草か」
   松尾芭蕉    
 
 「さまざまの
  事おもひ出す 桜かな」
   松尾芭蕉 

 「しき島の
  やまとごころを 人とはば
  朝日ににほふ 山ざくら花」
  (敷島の 大和心を
   人問はば
   朝日に匂ふ 山桜花)
   本居宣長    
 
 「桜咲く
  前より紅気 立ちこめて」
   山口誓子    
 
 
            ↑ 上へ
 
・東京周辺の見どころ
  
 <新宿御苑> 
   各種の桜がいっぱい咲く。
   新宿区内藤町。
   最寄駅
    地下鉄丸ノ内線
       新宿御苑駅、
       新宿三丁目駅

 <千鳥ヶ淵(皇居)> 
   皇居の北西側一帯。
   近くに靖国神社もあり、
   この近辺、シーズン中は
   ものすごい人出になる。 
   貸しボートあり
   (混むよ♪ 夕方が狙い目)
   千代田区三番町。 
   最寄駅
    地下鉄東西線九段下駅

 <隅田公園> 
   隅田川沿岸の
   ”墨堤(ぼくてい)の桜”。
   吾妻橋から桜橋あたりまで
   桜のトンネルが延々と続く。
   露店多数。 
   墨田区向島。
   最寄駅
    地下鉄銀座線浅草駅

 <上野公園>
   夜桜宴会の代名詞。
   不忍池あたりにも
   いっぱいの桜。
   台東区上野公園。
   最寄駅
    JR山手線上野駅

 <小金井公園>
   玉川上水沿い。山桜多し。
   小金井市関野町。
   最寄駅
    西武新宿線花小金井駅。
    JR中央線武蔵小金井駅
          からはバス

 <飛鳥山(あすかやま)公園>
   江戸時代からの桜の名所。
   北区王子本町。
   最寄駅
    JR京浜東北線王子駅

 <井の頭(いのがしら)公園>
   井の頭池周辺の大きな公園。
   貸しボートあり(混む)。
   三鷹市井の頭。 
   最寄駅
    JR中央線吉祥寺駅、
    京王井の頭線井の頭公園駅


・似ている花へのリンク
     

 十月桜  姫林檎

 八重桜  枝垂桜  寒桜

   アーモンド  

 河津桜  紅李
 

            ↑ 上へ
 

俳句・短歌コーナーへ 「紅葉がきれい」コーナーへ 都道府県の花・木 コーナーへ 世界の国花コーナーへ 名前に「地名」を含む花へ 動画一覧へ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.