杏 (あんず)


(アプリコット)

(Apricot)



アンズ

(花)

'04. 3.13  江戸川区 清新町



アンズ

(実)

'05. 6.12  江戸川区 清新町



写真集 1(写真9枚)へ
(花)

写真集 2(写真6枚)へ
(実)

写真集 3(写真6枚)へ
(実、タネ、杏仁豆腐)


          ↓ 下へ
・薔薇(ばら)科。
・学名
  Prunus armeniaca
   Prunus : サクラ属
   armeniaca : 小アジアの
        アルメニアの

 Prunus(プラナス)は、
 ラテン古名の
 「plum(すもも)」が語源。
 学名 P へ


・開花時期は、 3/20 ~ 4/ 5頃。
・中国原産で、
 奈良時代に、梅とともに
 中国から渡来したといわれる。

・漢名の「杏子」の唐音から
 「あんず」となった、
 または、
 「甘酢梅(あますうめ)」
 が変化して 
 「あんず」になったとも。

・ピンク色の花。
 桜とよく似ている。
 開花はより少しだけ早いようだ。
 幹の部分は桜と同じく
 横向きの線が入る。
 また、「豊後梅(ぶんごうめ)」は
 梅と杏の中間種らしく、
 杏と豊後梅は、そっくり♪。
 (名前の看板がないと
  なかなか区別できません)

・「杏(あんず)色」
  → 色 いろいろ へ


・実(み)は食べられる。
 ”アプリコット”。
 すっぱくて、あまり甘くないが、
 柔らかい。6月頃熟す。
 外見上は桃(もも)の実と
 そっくりだが、
 桃よりだいぶ小さい。


・タネの中の核の部分を
 「杏仁(きょうにん)」と呼び、
 せきどめなどの
 生薬として使われる。
 桃(もも)のタネの
 「桃仁(とうにん)」に
 よく似ている。

 また、「杏仁」は
 「あんにん」とも呼び、
 「杏仁豆腐(あんにんどうふ)」で
 おなじみ♪。
 でも、杏仁豆腐は、実際には、
 この杏仁とよく似ている
 「アーモンド」の実を
 使っていることが多いようだ。
 (アーモンドエッセンス)


・長野県千曲市
 (旧「更埴市」、
  長野市の南)に 
 「あんずの里」があり、
 毎年4月上旬~中旬頃 
 観光客で賑わう。

・シリアの国花。

・「杏一益、二益、
  カリン百益」の
 言い伝えが中国にある。


★<杏林(きょうりん)>の故事
        「神仙伝」
 中国古代、呉の国に
 董奉(とうほう)という 
 仁医がいて、
 貧乏人からは治療代金をとらず、
 かわりに症状の軽い患者には
 杏を一株、   
 重病者には杏を五株植えさせた。
 数年にして
 家のまわりに杏の林ができた。
 それ以来、
 「杏林」は医者の尊称となった。
       (いいお話♪)


・「あまさうな人は
  睡(ね)むさうな」
   室生犀星


・似ている花へのリンク
       すもも

 十月桜  姫林檎

 八重桜  枝垂桜  寒桜

   アーモンド


            ↑ 上へ

__________________


野菜・果物コーナーへ

いい香りの花のコーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

世界の国花コーナーへ

薬草(薬用植物)コーナーへ

色 いろいろ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.