桔梗 (ききょう)


(秋の七草の一つ)

(Balloon flower)



キキョウ
 
       (花)       
 
撮影日 : 2002. 6.27
    (平成14年)     
 
撮影場所: 江東区 東砂    
 

 
写真集 1(写真11枚)へ
(つぼみ、花)
 
写真集 2(写真10枚)へ
(花)
 
写真集 3(写真7枚)へ
(花、実、タネ)


秋の七草へ
 
 
          ↓ JUMP
・桔梗(ききょう)科。
・学名
  Platycodon grandiflorum
   Platycodon : キキョウ属
   grandiflorum : 大きい花の

 Platycodon(プラティコドン)は
 ギリシャ語の
 「platys(広い)
 + codon(鐘)」が語源。
 花の形に由来。 
 学名 P へ
 
 
・開花時期は、 6/10 ~ 8/10頃。
・秋の七草のひとつ。
・漢名の「桔梗」を
 音読みしたら「ききょう」。

・紫または白の、美しい花。
 
・開花直前の
 丸くふくらんだ状態がおもしろい。
 これは、開花前には花びらが
 互いのふちで  
 くっついたまま膨れていくために、
 つぼみのときは
 風船のようにふっくらして見える、
 ということらしい。
 プチュッとつまむと
 水がはじけ出る。
 (花がかわいそうなので
  やめましょう♪)

・漢方では太い根を干して
 せきやのどの薬にする。
 また、この薬用成分の
 サポニンというものは
 昆虫にとっては有毒なため、
 昆虫からの食害から
 自らを守っている。
 (キキョウサポニンと呼ばれる)

・昔から武士に好まれたようで、
 家紋に取り入れられたり、
 江戸城には「ききょうの間」や
 「桔梗門」の名前がある。
 
 
・万葉集に出てくる「あさがお」は、
 この桔梗の
 ことだろうといわれている。

・平安時代の辞書には
 「阿利乃比布岐(ありのひふき)」
 として載る
 → 「蟻(アリ)の火吹き」
  蟻が桔梗の花びらをかむと、
  蟻の口から
  蟻酸(ぎさん)というのが出て、
  桔梗の花の色素アントシアン
  というのを変色させるために、
  紫の花の色が赤く変わる。
  (蟻が火を吹いたように見える)
 
 
・「桔梗」は「きちこう」とも読む。

・8月12日、9月2日の
 誕生花(桔梗)
・花言葉は「清楚、気品」(桔梗)
 
 
・「桔梗の花
  咲く時ぽんと 言ひそうな」
   加賀千代女 
 
 「朝顔は
  朝露負(お)ひて
  咲くといへど
  夕影にこそ 咲きまさりけれ」
   (朝顔=桔梗)
   万葉集 作者不詳


・秋の七草へのリンク
 秋の七草
 
     桔梗  撫子

   藤袴  女郎花
 
 
・似ている花へのリンク
 姫沙参  ソバナ

 釣鐘ニンジン  蛍袋


・「桔梗」シリーズ
 桔梗  千島桔梗  沢桔梗

 岩桔梗  トルコ桔梗
 
 
            ↑ 上へ
 

お正月用語へ 俳句・短歌コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.