撫子 (なでしこ)


(秋の七草の一つ) 



ナデシコ

(花)

撮影日 : 2004. 8. 6
    (平成16年)     
 
撮影場所: 箱根町 箱根湿生花園
 

 
写真集 1(写真4枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 2(写真6枚)へ
(花、白い花)


秋の七草へ
 
 
          ↓ JUMP
・撫子(なでしこ)科。
・学名
  Dianthus superbus
    var. longicalycinus
       (河原撫子)

   Dianthus : ナデシコ属
   superbus : 
    気高い、堂々とした

 Dianthus(ダイアンサス)は、
 ギリシャ語の 
 「Dios(ギリシャ神話の神、
  ジュピター) 
  + anthos(花)」が語源で、
  ”ジュピターの花”の意味。
 学名 D へ
 
 
・6月頃から8月頃にかけて開花。
・ピンク色の可憐な花。
 縁がこまかく切れ込んでいる。
 我が子を撫(な)でるように
 かわいい花であるところから
 この名前に。
 
・早咲きと遅咲きがある。
・よく見られるのは 
 「河原撫子(かわらなでしこ)」。
 河原に生えるとも限らないがなぜか
 この名前。 
 野、山、高原どこででも見かける。
 どちらかというと
 日当たりのよい草原・・。
 
・この撫子を代表とする、
 ダイアンサスの花には 
 英名で「ピンク pink」の
 名前があり、
 「輝く目」の意味がある。
 ピンクという色の語源は
 この花にあるらしい。
 
 
・中国から平安時代に渡来した、
 唐撫子(からなでしこ:石竹)
 に対して、
 在来種を
 大和撫子(やまとなでしこ)
 と呼ぶ。
 日本女性の美称によく使われる。
 

・秋の七草のひとつ。

・4月25日の誕生花(美女撫子)
 8月11日の誕生花(河原撫子)
・花言葉は
 「長く続く愛情」(美女撫子)
 「貞節」(河原撫子)
 
 
・「野辺(のへ)見れば
  撫子の花 咲きにけり
  わが待つ秋は 近づくらしも」
   万葉集 作者不詳
 
 「秋さらば
  見つつ偲(しの)へと
  妹(いも)が植えし
  屋戸の撫子 
  咲きにけるかも」
   万葉集 作者不詳
 
 「わが屋戸に
  まきし撫子 いつしかも
  花に咲きなむ
  なそへつつ見む」
   万葉集 大伴家持
 
 「久方の
  雨は降りしく 撫子が
  いや初花に 恋しきわが背」
   万葉集 大伴家持
 
 「うら恋し
  わが背の君は 撫子が
  花にもがもな
  朝な朝(さ)な見む」
   万葉集 大伴池主
 
 「草の花は、なでしこ。
  唐のはさらなり、
  大和のもいとめでたし」
   枕草子
   清少納言
  (せいしょうなごん)
 
 「ゆかしくば
  行きても見ませ 雪島の
  巌に生ふる 撫子の花」
   金槐和歌集 源実朝
 
 「御地蔵や
  花なでしこの 真中に」
   小林一茶
 

・秋の七草へのリンク
 秋の七草
 
     桔梗  撫子

   藤袴  女郎花
 

・似ている花へのリンク
 カーネーション  岩鏡

 岩団扇  石竹

 千手岩菲(せんじゅがんぴ)

 小倉仙翁(おぐらせんのう)


・「撫子」シリーズ
 撫子  虫取撫子  袋撫子
 

            ↑ 上へ
 

山野草・高山植物 コーナーへ 俳句・短歌コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.