葱 (ねぎ)


(Welsh onion)



ネギ
 
      (畑にて)      
 
撮影日 : 2001.12. 2
    (平成13年)     
 
撮影場所: 松戸市 紙敷    
 

 
写真集(写真6枚)へ
(ネギ)
 
 
          ↓ JUMP
・百合(ゆり)科。
・学名
  Allium fistulosum
   Allium : ネギ属
   fistulosum : 管状の

 Allium(アリウム)は
 「ニンニク」の
 古いラテン名で、
 「匂い」という意味が語源。
 学名 A へ
 
 
・シベリア地方原産。
 紀元前5000年頃
 (7000年前)には
 ペルシャ地方ですでに
 栽培されていた。
 日本には中国から渡来し、
 8世紀の「日本書記」の頃には
 ずいぶん広まっていたとされる。

・晩春の頃、とう立ちし、
 花球(ネギ坊主)をつける。
・地中の軟白部を食べる
  ”根深ネギ”と、
 軟らかい緑葉を食べる
  ”葉ネギ”に大別される。
 旬の季節は冬だが
 年間を通じて売られている。
 群馬県の
 「下仁田(しもにた)ネギ」
 が有名。
 
 
・語源は「根葱(ねぎ)」で、
 ”根(ね)を食用とする
  葱(き)(ネギの古名)”
 の意味から。

・「浅黄色(あさぎいろ)」は
 「浅葱色」からきていて、
 ネギの葉のように、
 淡い緑色を帯びた青のこと。
 「萌黄色(もえぎいろ)」は
 「萌葱色」からきていて、
 ネギの芽がもえ出るときの、
 黄色を帯びた緑のこと。
 
・別名
 「根深(ねぶか)」
 
・「葱買(こ)うて
  枯木の中を 帰りけり」
   与謝蕪村(よさぶそん)
 

・似ている花へのリンク
 アリウム・ギガンチウム

 チャイブ  クラスペディア


・「ねぎ」シリーズ
 葱  玉葱(たまねぎ)


・「五菜(ごさい)」
  (5つの野菜)
   ラッキョウ

 ネギ  ニラ  わさび

 
            ↑ 上へ
 

俳句・短歌コーナーへ 野菜・果物コーナーへ
解説・使い方  更新情報 ♪
 あ   か   さ   た   な   は   ま   や~ 英語名(A,B,C) 科名  学名(ラテン語) 1月  2月  3月  4月  5月 6月  7月  8月  9月  10月 11月  12月  歳時記       ピンク         その他の色 山野草  池・湿地の花  海辺の花 春の七草  秋の七草 いい香り  ハーブ  野菜・果物 ケヤキなどの高木  紅葉がきれい 観葉植物  食虫植物  珍しい花   葉っぱ  雑草 薬草(薬用植物) 俳句・短歌  百人一首  十二支 生活・文化にまつわる花 ことわざ・故事  歌のタイトル名 誕生日の花  花言葉 数字あり  地名あり 木へん  草かんむり  珍名の花 東京近辺の見どころ 都道府県の花・木  世界の国花 動画一覧 写真集      大判写真     「季節の花 300」の表紙へ ♪             ↑ 上へ
Copyright(C) Since 1997 Atsushi Yamamoto. All rights reserved.