黄色い花 (春)


 春      秋、冬、実、葉っぱ

          ↓ 下へ
  あおかずら(青葛)
  あおがんぴ(青雁皮)
  あぶらちゃん(油瀝青)
  イエローサルタン
  いぬがらし(犬芥子)
  いぬなずな(犬薺)
  いぬむれすずめ(犬群雀)
  ういきょう(茴香)
  うこん(鬱金)(八重桜)
  うんなんおうばい
     (雲南黄梅)
  えにしだ(金雀枝)
  エピデンドルム
  おうばい(黄梅) 
  おおきばなかたばみ
     (大黄花片喰)
  おおばうまのすずくさ
     (大葉馬の鈴草)
  おだまき(苧環)
  おにしばり(鬼縛り)
  おにたびらこ(鬼田平子)
  おにのげし(鬼野芥子)
  おのえやなぎ(尾上柳)
  オンシジューム
  ガザニア
  かたばみ(片喰)
  かぶ(蕪)
  カモミール
  カラー
  からたねおがたま
     (唐種招霊)
  カルセオラリア
  カロライナジャスミン
  カンガルーポー
  きえびね(黄海老根)
  きけまん(黄華鬘)
  きじむしろ(雉筵)
  きしょうぶ(黄菖蒲)
  きそけい(黄素馨)
  きつねのぼたん(狐の牡丹)
  きばなかたくり(黄花片栗)
  きばなすみれ(黄花菫)
  きばなのあまな(黄花甘菜)
  きぶし(木五倍子)
  きりしまみずき(霧島水木)
  きんかちゃ(金花茶)
  きんぎょそう(金魚草)
  きんぐさり(金鎖)
  きんけいぎく(金鶏菊)
  きんせんか(金盞花)
  きんぽうげ(金鳳花)
  きんらん(金蘭)
  きんりゅうか(金竜花)
  くさのおう(草の王)
  クラスペディア
  クリサンセマム・ムルチコレ
  クロッカス
  くろもじ(黒文字)
  げっけいじゅ(月桂樹)
  げっとう(月桃)
  ゴールデンクラッカー
  こちゃるめるそう
     (小哨吶草)
  こめつぶつめくさ
     (米粒詰草)
  こんろんか(崑崙花)
  さんしゅゆ(山茱萸)
  さんしょう(山椒)
  サンダーソニア
  しきみ(樒)
  じしばり(地縛)
  しなみずき(支那水木)
  ジャーマンアイリス
  じゃけついばら(蛇結茨)
  しゅろ(棕櫚)
  しょうぶ(菖蒲)
  シンビジューム
  すいかずら(吸葛)
  すいせん(水仙)
  すいれん(睡蓮)
  せきしょう(石菖)
  せんだいはぎ(千代萩)
  たびらこ(田平子)
  だんこうばい(壇香梅)
  たんぽぽ(蒲公英)
  チューリップ
  つげ(黄楊)
  つつじ(躑躅)
  ツンベルギア
  ツンベルギア・マイソレンシス
  ていかかずら(定家葛)
  てんだいうやく(天台烏薬)
  とさみずき(土佐水木)
  とべら(扉)
  なつぐみ(夏茱萸)
  なにわず(難波津)
  なのはな(菜の花)
  ねこのめそう(猫の目草)
  のうるし(野漆)
  のげし(野芥子)
  のぼろぎく(野襤褸菊)
  パキスタキス
  はちじょうきぶし
     (八丈木五倍子)
  はなかんざし(花簪)
  はなびしそう(花菱草)
  バニラ
  ははこぐさ(母子草)
  パフィオペディルム
  はぼたん(葉牡丹)
  ばら(薔薇)
  パンジー
  ひいらぎなんてん(柊南天)
  ひゅうがみずき(日向水木)
  ふくじゅそう(福寿草)
  ふさアカシア(房アカシア)
  フリージア
  プリムラ
  ペチコートすいせん(水仙)
  へびいちご(蛇苺)
  ぼたん(牡丹)
  マリーゴールド
  まんさく(満作)
  まんねんぐさ(万年草)
  みつばつちぐり(三葉土栗)
  みつまた(三叉)
  むさしのきすげ
     (武蔵野黄菅)
  むれすずめ(群雀)
  めぎ(目木)
  もっこうばら(木香薔薇)
  モリシマアカシア
  やえざくら(八重桜)
       (鬱金(うこん))
  やえやまぶき(八重山吹)
  やまぶき(山吹)
  やまぶきそう(山吹草)
  ユリオプスデージー
  ゆりのき(百合の木)
  ラナンキュラス
  りゅうきんか(立金花)
  れんぎょう(連翹)


            ↑ 上へ

__________________


 春      秋、冬、実、葉っぱ

__________________


     

      黄

      橙(だいだい)

     

      ピンク 

     

     

     

     

     

__________________


色 いろいろ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪


「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.