花を詠んだ俳句・短歌 2

(夏)



  夏  秋・冬


          ↓ 下へ


  あかめがしわ(赤芽槲)
         万葉集、等
  あざみ(薊)
         長塚 節
  あさがお(朝顔)
         水原秋桜子、等
  あじさい(紫陽花)
         小林一茶、等
  いぬたで(犬蓼)
         万葉集
  いわたばこ(岩煙草)
         柿本人麻呂
  おしろいばな(白粉花)
         (筆者)
  おもだか(面高)
         万葉集
  かなむぐら(鉄葎)
         万葉集
  からむし(苧)
         万葉集
  ききょう(桔梗)
         万葉集、等
  きょうちくとう(夾竹桃)
         高浜虚子
  きんしばい(金糸梅)
         六角文夫
  くちなし(梔子)
         正岡子規、等
  くり(栗)
         良寛、等
  こうほね(河骨)
         正岡子規
  こうやまき(高野槇)
         金槐和歌集
  さいかち(皂莢)
         万葉集、等
  さるすべり(百日紅)
         与謝蕪村、等
  じゅんさい(蓴菜)
         万葉集
  すべりひゆ(滑り莧)
         万葉集
  たちあおい(立葵)
         源氏物語
  たちばな(橘)
         万葉集
  たぶのき(椨の木)
         万葉集
  つゆくさ(露草)
         万葉集
  ていかかずら(定家葛)
         万葉集
  とろろあおい(黄蜀葵)
         加藤三七子
  なつふじ(夏藤)
         万葉集
  なでしこ(撫子)
         清少納言、等
  ねじばな(捩花)
         古今集
  ねむのき(合歓の木)
         紀郎女、等
  のうぜんかずら(凌霄花)
         恒丸
  はす(蓮)
         夏目漱石、等
  はなしょうぶ(花菖蒲)
         泉鏡花
  はまゆう(浜木綿)
         柿本人麻呂
  ひし(菱)
         柿本人麻呂
  ひまわり(向日葵)
         北原白秋
  ひめゆり(姫百合)
         万葉集
  ひるがお(昼顔)
         万葉集
  ふとい(太藺)
         柿本人麿
  ふよう(芙蓉)
         夏目漱石、等
  へくそかずら(屁糞蔓)
         万葉集
  へちま(糸瓜)
         正岡子規
  べにばな(紅花)
         万葉集、等
  ほおずき(鬼灯)
         水原秋桜子
  むくげ(木槿)
         小林一茶、等
  むらさき(紫)
         万葉集、等
  やぶかんぞう(薮萱草)
         万葉集
  やまぼうし(山法師)
         万葉集
  ゆり(百合)
         万葉集、等



  夏  秋・冬


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪


「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.