花を詠んだ俳句・短歌 3

(秋・冬)



    秋・冬


          ↓ 下へ


  あきのななくさ(秋の七草)
         山上憶良
  あし(葦)
         万葉集
  いちょう(公孫樹)
         与謝野晶子
  いね(稲)
         万葉集、等
  えのき(榎)
         万葉集
  おぎ(荻)
         万葉集
  おけら(朮)
         万葉集
  おみなえし(女郎花)
         万葉集、等
  かえで(楓)
         古今集、等
  かき(柿)
         正岡子規 等
  かじのき(梶の木)
         万葉集
  かつら(桂)
         万葉集、等
  きく(菊)
         古今集、等
  きび(黍)
         万葉集
  きんもくせい(金木犀)
         (筆者)
  くず(葛)
         万葉集、等
  けいとう(鶏頭)
         与謝蕪村、等
  けやき(欅)
         万葉集
  こうやぼうき(高野箒)
         万葉集
  こなら(小楢)
         万葉集、等
  ざくろ(石榴)
         大橋松平、等
  さねかずら(実葛)
         万葉集、等
  さざんか(山茶花)
         正岡子規、等
  さといも(里芋)
         万葉集
  しゅうかいどう(秋海棠)
         松尾芭蕉
  しらかし(白樫)
         柿本人麻呂
  すすき(薄)
         万葉集、等
  そば(蕎麦)
         松尾芭蕉
  だいだい(橙)
         万葉集
  ちからしば(力芝)
         万葉集
  ちゃ(茶)
         小林一茶、等
  つた(蔦)
         金槐和歌集
  つわぶき(石蕗)
         斎藤茂吉、等
  なつめ(棗)
         万葉集
  なんばんぎせる(南蛮煙管)
         万葉集
  にら(韮)
         万葉集
  ぬるで(白膠木)
         万葉集
  はぎ(萩)
         西行法師、等
  ひえ(稗)
         万葉集
  ひおうぎ(檜扇)
         万葉集
  ひがんばな(彼岸花)
         万葉集
  ふじばかま(藤袴)
         金槐和歌集
  まゆみ(真弓)
         万葉集、等
  めはじき(目弾)
         万葉集
  もみじ(紅葉)
         古今集、等
  よもぎ(蓬)
         後拾遺集、等
  りゅうのひげ(竜の髭)
         万葉集
  わた(綿)
         万葉集
  われもこう(吾木香)
         若山牧水、等


            ↑ 上へ



  いちご(苺)
         正岡子規
  かんあおい(寒葵)
         万葉集
  キャベツ
         木下夕爾
  すいせん(水仙)
         松尾芭蕉、等
  ねぎ(葱)
         与謝蕪村
  ひいらぎ(柊)
         高浜虚子
  ふゆぼたん(冬牡丹)
         高浜虚子、等
  まつ(松)
         万葉集
  まんりょう(万両)
         万葉集
  やどりぎ(寄生木)
         万葉集



    秋・冬


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪


「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.