金木犀 (きんもくせい)


(Fragrant olive)



キンモクセイ

(花)

2010.10. 8  江東区 南砂



 定点観測
  キンモクセイが  
  開花していくようす



写真集 1(写真9枚)へ
(若葉、つぼみ、花)

写真集 2(写真2枚)へ
(府中の四谷神明社、
 柴又真勝院)

写真集 3(写真7枚)へ
(花)

写真集 4(写真5枚)へ
(散り花)


          ↓ 下へ
・木犀(もくせい)科。
・学名
  Osmanthus fragrans
    var. aurantiacus

   Osmanthus : モクセイ属
   fragrans : 芳香のある
   aurantiacus : 橙黄色の 

 Osmanthus(オスマンサス)は、
 ギリシャ語の 
 「osme(香り)+ anthos(花)」
 が語源。  
 学名 O へ


・開花時期は、 9/25 ~ 10/10頃。
       (1回目の開花)
 10月中旬以降にもう一度咲いて
 「再びあの香りが♪」
 ということもある(2度咲き)。
 2度咲き用の花芽が
 どこかに用意されてるんでしょうね。


・とてもよい香り。 
 ヒガンバナが咲き終わる頃の
 9月下旬か10月上旬の
 ある日突然、
 金木犀の香りが始まる♪ 
 (それは年によって
  9月25日だったり、  
  10月3日とかだったりする。
  それまで匂わなかったのに 
  どの花も一斉に匂い出す。
  不思議♪)

 東京近辺での例だが、
 匂い始めが早かったのは、
 2021年で「9月11日」。
  (ヒガンバナより早かった)
  (9月上旬に涼しい日が続いた)
 匂い始めが遅かったのは、
 2019年で「10月13日」。
  (9月いっぱい、ずっと暑かった)

 咲いているあいだじゅう
 強い香りを放ち、  
 かなり遠くからでも匂ってくる。
 (匂いの元はどこかな?と探すのも、
  楽しみのひとつ)

・春の沈丁花(じんちょうげ)と
 同じぐらい香る。

・咲いたあとで雨風があると 
 あっけなく散ってしまう。
 はかない。


・中国南部の桂林地方原産。
 中国語では
 ”桂”は木犀のことを指し、
 「桂林」という地名も、
 木犀の木がたくさん 
 あることに由来するらしい。
 日本では木犀といえば、
 ふつう思い起こすのは
 金木犀ですね。
 金木犀の中国名は「丹桂」。
   丹=だいだい色、
   桂=モクセイ類。

・”犀”の字は
 「固い、鋭い」の意味あり。
 枝が固いからかな?

・江戸時代初期の頃、渡来した。

・「散らし雨
  道端染める 金木犀」
      1992年 (筆者)


・似ている花へのリンク
 銀木犀  柊木犀  


            ↑ 上へ

__________________


いい香りの花のコーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

定点観測した花・実のコーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報

★ 定点観測シリーズ

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



    だいだい  ピンク

      

     色いろいろ 



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ  動画一覧

都道府県の花・木  世界の国花


写真集 索引

ベストショット
    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.