椿 (つばき)


「薮椿(やぶつばき)」や 
「雪椿」「春山茶花」などの
 いろいろなツバキを掲載 

(Camellia)



ヤブツバキ

「薮椿(やぶつばき)」の花

2010. 1.31  江戸川区 北葛西



ヤブツバキ

蜜(みつ)が垂れる、珍しい姿

2019. 4.16  府中市 日鋼町



 定点観測 1
     赤いツバキが    
     開花していくようす 

 定点観測 2
     ピンク色のツバキが 
     開花していくようす 

 定点観測 3
     ツバキの実が    
     色づいていくようす 

 定点観測 4
     ツバキの実から   
     タネが出てくるようす



椿 写真集 1(写真9枚)へ
(薮椿(やぶつばき)の
 新緑、つぼみ、花粉)

椿 写真集 2(写真4枚)へ
(蜜(みつ)が垂れる)

椿 写真集 3(写真5枚)へ
(春山茶花(はるさざんか))

椿 写真集 4(写真9枚)へ
(よく見かける品種の花)

椿 写真集 5(写真8枚)へ
(しましま模様のツバキ)

椿 写真集 6(写真4枚)へ
(雪椿)

椿 写真集 7(写真5枚)へ
(侘助、等)

椿 写真集 8(写真3枚)へ
(五色椿、黒椿)

椿 写真集 9(写真4枚)へ
(白花薮椿)

椿 写真集 10(写真9枚)へ
(薮椿(やぶつばき)の
  落花、実、タネ) 


          ↓ 下へ
・椿(つばき)科。
・学名
  Camellia japonica(薮椿)

  Camellia japonica
    var. decumbens(雪椿)

  Camellia vernalis
        (春山茶花)

   Camellia : ツバキ属
   japonica : 日本の
   decumbens : 伏した
   vernalis : 春の

 Camellia は、
 17世紀のチェコスロバキアの
 宣教師「Kamell カメル」さんの
 名にちなむ。  
 椿はカメルさんが
 18世紀に東洋からヨーロッパに
 もたらしたことで広まった。
 英名でも「カメリア」と呼ぶ。
 学名 C へ


・開花時期は、 1/20 ~ 5/10頃。
         (薮椿)
・一般に「椿」といったら
 「薮椿」を指すようだ。
・椿には一重や八重があり、
 園芸品種も多数。
 「佗助(わびすけ)」など
 いろいろ種類がある。

・「古事記」では
  ”都婆岐(つばき)”、
 「日本書記」には
  ”海石榴(つばき)”の字で 
 登場する。

 (現在の奈良県桜井市金屋に、
  昔(奈良時代等)、
  「海石榴市(つばいち)」
  という市場があり、
  交通の要所ということもあり
  賑わった)。
 ”椿”の字は
 「万葉集」で初めて登場する。


・「つばき」の読み方の由来には
  諸説あり。

 1.”光沢がある”意の古語
   「艶葉木(つやはき)」から。
   (葉は濃い緑色で
    光沢でピカピカ)。
 2.葉に厚みがある意味の
      「厚葉木」から。
 3.強い葉っぱの木の意味の
      「強葉木」から。
 4.落ちた花が、
   刀の鍔(つば)に似ており、
   「鍔木(つばき)」の名から。
 5.朝鮮名の
   「冬柏(つくばく)」の名から。


・現在はふつう「椿」の字で
 知られるが、この「椿」の字は
 日本で作られた字(春に花咲く)で
 中国では「椿」は、
 栴檀(せんだん)科の
 高木である「ちゃんちん」という木
 のことを指し
 漢名では日本の「椿」は
  「山茶花」と記す。
 (日本では「山茶花」は
  ”さざんか”で定着済。
  昔からの取りちがえ)

・椿の花が落下する瞬間を
 見たことがある。
 直径10cmぐらいの一花全体が、
 ドスンと一気に落ちる。


・「春山茶花(はるさざんか)」は、
 名前は「山茶花」だが、
 姿形は「椿」に近い。 
 花の開花時期も春先まで、と長い。
 しましま模様の
 「鎌倉絞り(かまくらしぼり)」
 という品種がよく知られるらしい。



★「椿(つばき)」いろいろ

 薮椿 もっともよく見かける椿。
    花は大きくやや筒型。
    花ごと散る。 
    花びらは厚みがある。

 雪椿 日本海側の
    山地などに生える。
    全体的に薮椿に
    よく似ている。
    花びらは平開し、
    花ごと散る。
    葉っぱの
    こまかい葉脈が目立つ。

 春山茶花 花、葉とも
    薮椿そっくり。
    花ごと散る。

 山茶花 花びらは平開し、
    1枚ずつ散る。
     葉は薮椿よりは小さい。

 寒椿 花は小さく八重が多い。
    1枚ずつ散る。
     葉は小さい。

 夏椿 咲く時期は夏。
    時期的に区別できる。



・幹は建材に利用され、
 陶器や漆器などの工芸品の
 デザインにも用いられる。
 種子から採れる、
 「椿油(つばきあぶら)」は、
 頭髪用などに利用される。
 また、椿の灰は
 紫染めの媒染に使われる。

・花びらは、てんぷらにして
 食べられるらしい。

・薬効   切り傷
・薬用部位 葉

・伊豆大島の椿は昔から有名で、
 ここは太平洋上で
 気温が高いため
 1月中旬から見頃(椿祭り)。


・1月12日、2月14日、
 12月10日の誕生花(椿)
・花言葉は
 「贅沢、おしゃれ、
  至上の愛らしさ、
  謙遜の美徳」(椿)

・薮椿の別名
 「山椿」(やまつばき)。
・新潟県の県の木(雪椿)


・「あしひきの 山つばき咲く
  八峯(やつを)越え
  鹿(しし)待つ君の
  いはひ妻かも」
   万葉集 

 「巨勢山(こせやま)の
  つらつら椿
  つらつらに
  みつつ偲(しの)はな
  巨勢(こせ)の春野を」
   万葉集
   坂門人足
   (さかとのひとたり)

 「ちはやぶる
  伊豆のお山の 玉椿
  八百万代も 色はかはらじ」
   金槐和歌集 源実朝 

 「落(おち)ざまに
  水こぼしけり 花椿」
   松尾芭蕉

 「赤い椿 白い椿と
  落ちにけり」
   河東碧梧桐
   (かわひがしへきごとう)

 「昼の井戸
  髪を洗ふと 葉椿の
  かげのかまどに
  赤き火を焚く(たく)」
   若山牧水
   (わかやまぼくすい)

 「ゆらぎ見ゆ
  百の椿が 三百に」
   高浜虚子
   (たかはまきょし)


・似ている花へのリンク
 山茶花  寒椿  夏椿  

 乙女椿  金花茶


・「椿」シリーズ
 椿  椿葛


・「木へん」の春夏秋冬シリーズ

   椿 (つばき)

  (えのき)

  (ひさぎ)

  (ひいらぎ)


            ↑ 上へ

__________________


薬草(薬用植物)コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

都道府県の花・木 コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報

★ 定点観測シリーズ

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)


    だいだい  ピンク

      

    ★ 色いろいろ 



春の七草  秋の七草


山野草    (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)


野菜・果物   (ナス、みかん、等)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

食虫植物    (ウツボカズラ、等)

薬草(薬用植物) (南天、等)


ハーブ  (カモミール、ミント、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

雑草   (オオイヌノフグリ、等)


ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木  (六義園の枝垂桜、等)

紅葉がきれい (もみじ、等)


   (アケビ、マンリョウ、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

珍しい花 (月下美人、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)



俳句・短歌 (梅、牡丹、萩、等)

百人一首  (1~100。鎌倉時代)


干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

生活・文化にまつわる花
  (紙の原料、服にひっつく、
   仏教の三大聖樹、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

歌のタイトルになっている花名
  (マリーゴールド、Lemon、等)


誕生日の花  花言葉


木へん  草かんむり  魚へんの漢字


都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)


名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)


東京近辺の見どころ
  (千鳥ヶ淵の桜、不忍池のハス、
   巾着田のヒガンバナ、等)


動画一覧 (八重桜、ししおどし、等)

盆栽 (BONSAI) (松、真柏、等)

写真集 索引


ベストショット
    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.