茜 (あかね)



(Indian madder)



アカネ

(全体)

2018. 7.16  国分寺市 万葉植物園



アカネ

(花と実)

2018.10.13  東京薬科大学
       薬用植物園 



写真集(写真11枚)へ
(葉っぱ、トゲ、つぼみ、花、実)


          ↓ 下へ
・茜(あかね)科
・学名
  Rubia argyi または
  Rubia akane

   Rubia : アカネ属
   akane : アカネ

 Rubia は、ruber(赤)に由来。
 学名 R へ


・小さな草。
 輪生する4枚の葉っぱの形が目立つ。
・茎には小さなトゲがある。
・つるでどんどん伸びる。

・根から、赤い染料がとれる。
 「茜染め(あかねぞめ)」という。
 根を乾燥させると
 だんだん赤くなることから、
 「赤い根」で「あかね」になった。

・晴れた夕方の西の空を
 「茜色の夕焼け」
 と呼ぶことがある。

・「茜(あかね)色」
  → 色 いろいろ へ

・薬効   生理不順
・薬用部位 根
・生薬名 「茜根(せいこん)」

・薬効   止血
・薬用部位 実
・生薬名 「茜草(せいそう)」


・「茜(あかね)さす
  紫野(むらさきの)行き
  標野(しめの)行き
  野守(のもり)は見ずや
  君が袖(そで)振る」
   万葉集
   額田王(ぬかたのおおきみ)


 「茜(あかね)さす
  日は照らせれど
  ぬばたまの
  夜(よ)渡る月の
  隠(かく)らく惜(お)しも」
   万葉集
   柿本人麻呂
  (かきのもとのひとまろ)


・「染料」シリーズ
 ベニバナ  くちなし  ムラサキ

 藍(あい)  茜(あかね)

 ツユクサ


・葉っぱが輪生
 車軸草  茜(あかね)


・似ている葉っぱへのリンク
 南天

            ↑ 上へ

__________________


山野草・高山植物 コーナーへ

薬草(薬用植物)コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



    だいだい  ピンク

      

     色いろいろ 



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集 索引

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.