花水木 (はなみずき)


(アメリカ山法師(やまぼうし))

(Flowering dogwood)



ハナミズキ

(花)

2009. 4.19  江戸川区 清新町



ハナミズキ

(実)

2005.10. 8  江東区 新砂



 定点観測 1
  ハナミズキの花が 
  開花していくようす

 定点観測 2
  ハナミズキの実が 
  色づいていくようす



写真集 1(写真8枚)へ
(つぼみ、開花)

写真集 2(写真10枚)へ
(くるくる型の花びら)

写真集 3(写真7枚)へ
(白花)

写真集 4(写真5枚)へ
(ピンク色)

写真集 5(写真4枚)へ
(ピンク色)

写真集 6(写真5枚)へ
(うすピンク色)

写真集 7(写真6枚)へ
(若い実)

写真集 8(写真4枚)へ
(実)

写真集 9(写真4枚)へ
(実)


          ↓ 下へ
・水木(みずき)科。
・学名
  Cornus florida
   Cornus : ミズキ属
   florida : 花の目立つ

 Cornus(コーナス)は、
 ラテン語の
 「cornu(角)」が語源。
 材質が堅いことから。
 学名 C へ


・開花時期は、 4/10 ~ 5/10頃。
・北アメリカ原産。
・水木の仲間で、
 花が目立つのでこの名前に。
・秋につける赤い実と、紅葉も見事。

・「一青窈(ひととよう)」さんの
 名曲のタイトルにもなっている。

・花水木は、
 東京市長の尾崎行雄氏が
 アメリカのワシントン市へ
 桜を寄贈した御礼として、
 1915(大正4)年に
 アメリカから贈られたのが最初。
 その後、全国に普及した。

・別名
 「アメリカ山法師
     (やまぼうし)」。
   アメリカから渡来したときに、
   日本の山法師に似ているので
   とりあえずこの名前が
   つけられた。

・英名では「ドッグウッド」。
 花水木の樹皮を煎じて
 犬のノミ退治に使ったことから。


・似ている花へのリンク
 山法師

・「水木」シリーズ
 水木 花水木


            ↑ 上へ

__________________


干支(えと)コーナーへ
     (ドッグ)

__________________


解説・使い方  更新情報

★ 定点観測シリーズ
     (約250種)

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)


    だいだい  ピンク

      

    ★ 色いろいろ 



春の七草  秋の七草


山野草    (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)


野菜・果物   (ナス、みかん、等)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

食虫植物    (ウツボカズラ、等)

薬草(薬用植物) (南天、等)


ハーブ  (カモミール、ミント、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

雑草   (オオイヌノフグリ、等)


ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木  (六義園の枝垂桜、等)

紅葉がきれい (もみじ、等)


   (アケビ、マンリョウ、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

珍しい花 (月下美人、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)



俳句・短歌 (梅、牡丹、萩、等)

百人一首  (1~100。鎌倉時代)


干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

生活・文化にまつわる花
  (紙の原料、服にひっつく、
   仏教の三大聖樹、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

歌のタイトルになっている花名
  (マリーゴールド、Lemon、等)


誕生日の花  花言葉


木へん  草かんむり  魚へんの漢字


都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)


名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)


東京近辺の見どころ
  (千鳥ヶ淵の桜、不忍池のハス、
   巾着田のヒガンバナ、等)


動画一覧 (八重桜、ししおどし、等)

盆栽 (BONSAI) (松、真柏、等)

写真集 索引


ベストショット
    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.