カンナ


(Canna, Indian shot)

(檀特(だんどく)も掲載)


カンナ

「カンナ」 黄色

2006. 7.28  江東区 南砂



カンナ

「檀特(だんどく)」

2016. 5.29  小石川植物園



サムネイル画像 定点観測
  カンナの花が   
  開花していくようす



写真集 1(写真9枚)へ
(葉っぱ、つぼみ、花)

写真集 2(写真8枚)へ
(花、実)

写真集 3(写真6枚)へ
(檀特(だんどく))

写真集 4(写真5枚)へ
(檀特(だんどく))


          ↓ 下へ
・カンナ科。
・学名
  Canna generalis(カンナ)
  Canna indica(檀特(だんどく))

   Canna : カンナ属
   generalis : ふつうの
   indica : インドの

 Canna(カンナ)の語源には、
 古代ケルト語の
 「Cana(つえ)」
 「Can (芦(あし))」
 ギリシャ語の
 「Kanna(葉)」、の諸説あり。
 学名 C へ


・開花時期は、 6/20 ~ 10/10頃。
 夏のあいだじゅう咲き続ける。
・葉も花もやや大型。
 葉の形がいい♪
・花の色は赤、黄、橙、白など
 いろいろ。

・「檀特(だんどく)」
 という品種もある。
 カンナの原種の一つ。
 花はカンナより小さく、赤か黄色。
 「Indian shot」の英名がある。
 すごくよく似ているので
 カンナと同じページにしました。


・「カンナ」シリーズ
 カンナ  水カンナ


            ↑ 上へ

__________________

解説・使い方  更新情報

__________________

★ 定点観測シリーズ
     (約300種)

定点観測 ベスト集

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧

__________________

1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月

__________________

      

      

    いろんな「色」

__________________

春の七草  秋の七草

雑草、空き地の草 (タンポポ、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

ハーブ  (カモミール、ミント、等)

盆栽 (BONSAI)  (松、真柏、等)

__________________

山野草、高山植物 (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

薬草(薬用植物) (南天、鳩麦、等)

野菜・果物  (ナス、みかん、等)

__________________

  (アケビ、オモト、万両、等)

紅葉、黄葉 (もみじ、イチョウ、等)

ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木 (善福寺のイチョウ、等)

__________________

干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

俳句・短歌 (梅、牡丹、ハギ、等)

百人一首  (1~100)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

__________________

誕生日の花  花言葉

都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)

仏教の三大聖樹、紙の原料、等
  (他、服にひっつくタネ、五穀、
     朝顔、昼顔、夕顔、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

__________________

木へん  草かんむり  魚へんの漢字
            (おまけ)

名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)

__________________

動画(数秒の短編モノ)
  (ハスの葉の上の水玉、
   パッションフルーツの開花、
   オジギソウのオジギ、
   鹿威し(ししおどし)、等)

歌のタイトルになっている花名 ♪
  (マリーゴールド、Lemon、等)

食虫植物 (ウツボカズラ、等)

珍しい花 (月下美人、等)

写真集 索引

__________________

ベストショット(大判写真)
    

__________________

「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ
__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.