沙羅双樹 (さらそうじゅ)


(「娑羅双樹」とも書く)

(沙羅の木(さらのき、しゃらのき))

「仏教の三大聖樹」の一つ



サラソウジュ、サラノキ

(全体)

2005. 7.10  新宿御苑



サラソウジュ、サラノキ

(花)

2018. 5.27  新宿御苑



写真集 1(写真8枚)へ
(葉っぱ、幹)

写真集 2(写真11枚)へ
(花)


          ↓ 下へ
・二葉柿(ふたばがき)科。
・学名
  Shorea robusta
   robusta : 大形の、頑丈な
 学名 S へ


・インド北部原産。
 インドの高地などに生える。

・仏教の三大聖樹の一つ。
・お釈迦様が亡くなった
 (入滅された)場所には
 この木が四方を囲んで
 植えられていたが、
 入滅された際にこの木が枯れて
 鶴の羽根のように
 白くなったとの伝説から、
 仏教では聖木とされている。
 亡くなった日は2月15日。
 この日は
 「涅槃会(ねはんえ)」
 と呼ばれる。

 日本では、耐寒性の弱い沙羅双樹は
 育たないので、実際には、
 「夏椿(なつつばき)」のことを
 沙羅双樹として扱うことが多い。
 (ほんとうは
  夏椿 ≠ 沙羅双樹)

 「釈迦」いろいろ → 菩提樹


・「平家物語」の冒頭に
 出てくることでも有名。

  祗園精舎の鐘の声
  諸行無常の響きあり
  沙羅双樹の花の色
  盛者必滅の
  理(ことわり)をあらはす

  おごれる人も久しからず
  ただ春の夜の夢のごとし


・「娑羅双樹」とも書く。
・ミャンマーの国花。
・極めてまれに花が咲くらしい。
 新宿御苑では2018年に初めて開花。

・別名
 「沙羅の木(さらのき、
       しゃらのき)」


★「仏教の三大聖樹」

 1.釈迦誕生 無憂樹
      (ムユウジュ)

 2.釈迦悟り 印度菩提樹
      (インドボダイジュ)

 3.釈迦入滅 沙羅双樹
      (サラソウジュ)


・似ている花へのリンク
 夜来香(いえらいしゃん)


            ↑ 上へ

__________________


温室、観葉植物 コーナーへ

世界の国花コーナーへ

神社、お寺関連へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



    だいだい  ピンク

      

     色いろいろ 



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集 索引

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.