木天蓼 (またたび)



(夏梅(なつうめ)、猫なぶり)

(Silvervine)



マタタビ

(葉っぱに白い部分あり)

2019. 6. 1  東京薬科大学
       薬用植物園 



マタタビ

(花)

2019. 6. 1  東京薬科大学
       薬用植物園 



写真集(写真11枚)へ
(白い葉っぱ、つぼみ、花)


          ↓ 下へ
・木天蓼(またたび)科
・学名
  Actinidia polygama
   Actinidia : マタタビ属
   polygama : 
    完全花と単性花とが雑居する
 学名 A へ


・花が咲く6月頃に葉っぱが白くなる。
 おもしろい。
・「またたび」とは
 アイヌ語の「マタタムブ」
      (冬の虫えい)
 が語源らしい。

 虫えい(ちゅうえい)
  → 葉っぱなどに
    虫がすみついてできる
    「こぶ」のこと。
    またたびのつぼみにも
    できることがある。

・薬効   鎮痛、強心
・薬用部位 虫えい(ちゅうえい)
・生薬名
  「木天蓼(もくてんりょう)」

・漢字の「木天蓼」は
 なぜこの字なのだろう?

・別名
 「夏梅(なつうめ)」
 「猫なぶり」
   実(み)は猫の大好物らしい。


・似ている花へのリンク
 キウイ  猿梨

・「葉っぱが白くなる」シリーズ
  半夏生(はんげしょう)
  木天蓼(またたび)


            ↑ 上へ

__________________


薬草(薬用植物)コーナーへ

色や模様が変わる葉っぱコーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



    だいだい  ピンク

      

     色いろいろ 



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集 索引

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.