オリーブ


(Olive)



オリーブ

(実:変色中)

2012.11. 2  江東区 南砂



 定点観測
  オリーブの実が  
  色づいていくようす



写真集 1(写真6枚)へ
(花)

写真集 2(写真4枚)へ
(若い実)

写真集 3(写真7枚)へ
(若い実)

写真集 4(写真3枚)へ
(実)

写真集 5(写真4枚)へ
(実)

写真集 6(写真2枚)へ
(黒い実)

写真集 7(写真4枚)へ
(実、タネ)


          ↓ 下へ
・木犀(もくせい)科。
・学名
  Olea europaea
   Olea : オリーブ属
   europaea : ヨーロッパの
 学名 O へ


・地中海沿岸原産。
 温暖な気候の
 地中海沿岸、北アフリカ、
 西アジアなどに分布。
・500種以上の品種がある。

・紀元前3000年くらいの頃に
 すでにギリシャの
 クレタ島で栽培されていた。
 旧約聖書やギリシャ神話にも、
 「平和や勇気の象徴」
 として登場する。 
 現代では平和のシンボルとして
 国連の旗にも図案化して
 用いられている。


・日当たりを好む。
・初夏の頃、白っぽい花が咲く。
・秋になる実には
 オリーブ油が含まれ、
 食用、薬用に使われる。

・ 「オリーブ色」
     (色 いろいろ)

・薬効   便秘、皮膚炎
・薬用部位 実
・生薬名 「オリーブ油」


・オリンピックの優勝者には
 オリーブの葉っぱでできた
 冠が与えられる。
 また、古代ギリシャの競技会では
 月桂樹の葉っぱで作られた
 冠が与えられた。

・ポルトガル、イスラエルの国花。

・日本では四国の
 小豆島(しょうどしま)で
 栽培されているのが有名。
・香川県の
 県花、県の木(オリーブ)


・似ている花へのリンク
 たぶの木

・似ている実へのリンク
 ホルトの木  薄黄木犀

 なつめ  ヤシ


            ↑ 上へ

__________________


野菜・果物コーナーへ

薬草(薬用植物)コーナーへ

都道府県の花・木 コーナーへ

世界の国花コーナーへ

色 いろいろ

定点観測した花・実のコーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報

★ 定点観測シリーズ
     (約250種)

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)


    だいだい  ピンク

      

    ★ 色いろいろ 



春の七草  秋の七草


山野草    (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)


野菜・果物   (ナス、みかん、等)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

食虫植物    (ウツボカズラ、等)

薬草(薬用植物) (南天、等)


ハーブ  (カモミール、ミント、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

雑草   (オオイヌノフグリ、等)


ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木  (六義園の枝垂桜、等)

紅葉がきれい (もみじ、等)


   (アケビ、マンリョウ、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

珍しい花 (月下美人、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)



俳句・短歌 (梅、牡丹、萩、等)

百人一首  (1~100。鎌倉時代)


干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

生活・文化にまつわる花
  (紙の原料、服にひっつく、
   仏教の三大聖樹、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

歌のタイトルになっている花名
  (マリーゴールド、Lemon、等)


誕生日の花  花言葉


木へん  草かんむり  魚へんの漢字


都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)


名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)


東京近辺の見どころ
  (千鳥ヶ淵の桜、不忍池のハス、
   巾着田のヒガンバナ、等)


動画一覧 (八重桜、ししおどし、等)

盆栽 (BONSAI) (松、真柏、等)

写真集 索引


ベストショット
    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.