月下美人 (げっかびじん)


(Dutchman's pipe)

(夜の女王(よるのじょおう)も掲載)



ゲッカビジン

「月下美人」

2005. 8.17 撮影:筆者の父 
     (掲載許可取得済)



写真集 1(写真6枚)へ
(月下美人のつぼみ、花)

写真集 2(写真4枚)へ
(月下美人のつぼみ、花)

写真集 3(写真8枚)へ
(大船フラワーセンターの月下美人)

写真集 4(写真5枚)へ
(夜の女王(よるのじょおう))


          ↓ 下へ
・サボテン科の多肉植物。
・学名
  Epiphyllum oxypetalum
        (月下美人)
   Epiphyllum :
      エピフィラム属
   oxypetalum :
      鋭形の花をもつ

 Epiphyllum は、
 「epi(上)
  + phyllon(葉)」が語源。
 花が葉の上の方で
 咲くことに由来。
 学名 E へ


・メキシコなどの中南米原産。
・夏の夜、
 白い大型の花を咲かせる。
 (さがり花というのも、
  夏の夜のみに咲く)。
 花が咲き出すまでに
 3年くらいかかるらしい。
 また、夜中にしか咲かないため
 花を目撃できたら
 とてもラッキーでしょうね。
  (朝になったらしぼむ)

・「孔雀(くじゃく)サボテン」
 の一種。
 姿形もそっくり。
   孔雀サボテン → 昼に咲く
   月下美人   → 夜に咲く
 というところから区別できそう。

・花は、よい香り。
・花のあと、花びらは
 天ぷらにして食べられる。

・「月下美人」の名前は、
 夜中に美しい花をつけることから。
 昭和天皇が皇太子時代の
 1923年に台湾を訪れたとき、
 「この花の名は?」と質問し、
 隣にいた田(でん)台湾総督が
 「月下の美人です」
 と答えたことから
 この名前が定着したといわれる。


・「夜の女王(よるのじょおう)」は
 「月下美人」と同じく、
 夏の夜に咲く素敵な花。



・サボテンシリーズ
 サボテン  孔雀サボテン

 滝の白糸  蝦蛄葉サボテン

 ドラゴンフルーツ


            ↑ 上へ

__________________


いい香りの花のコーナーへ

温室、観葉植物 コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報

★ 定点観測シリーズ
     (約250種)

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)


    だいだい  ピンク

      

    ★ 色いろいろ 



春の七草  秋の七草


山野草    (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)


野菜・果物   (ナス、みかん、等)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

食虫植物    (ウツボカズラ、等)

薬草(薬用植物) (南天、等)


ハーブ  (カモミール、ミント、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

雑草   (オオイヌノフグリ、等)


ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木  (六義園の枝垂桜、等)

紅葉がきれい (もみじ、等)


   (アケビ、マンリョウ、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

珍しい花 (月下美人、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)



俳句・短歌 (梅、牡丹、萩、等)

百人一首  (1~100。鎌倉時代)


干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

生活・文化にまつわる花
  (紙の原料、服にひっつく、
   仏教の三大聖樹、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

歌のタイトルになっている花名
  (マリーゴールド、Lemon、等)


誕生日の花  花言葉


木へん  草かんむり  魚へんの漢字


都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)


名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)


東京近辺の見どころ
  (千鳥ヶ淵の桜、不忍池のハス、
   巾着田のヒガンバナ、等)


動画一覧 (八重桜、ししおどし、等)

盆栽 (BONSAI) (松、真柏、等)

写真集 索引


ベストショット
    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.