孔雀サボテン
(くじゃくサボテン)


(Orchid cactus)



クジャクサボテン

(花)

2003. 6. 7  江戸川区 西葛西



写真集 1(写真8枚)へ
(赤花のつぼみ、花)

写真集 2(写真8枚)へ
(白花のつぼみ、花)


          ↓ 下へ
・サボテン科。
・学名
  Epiphyllum hybrid
   Epiphyllum : 
       エピフィラム属
   hybrid : 雑種の

 Epiphyllum は、
 「epi(上)
   + phyllon(葉)」が語源。
 花が葉の上の方で
 咲くことに由来。
 学名 E へ


・メキシコ地方原産。
・5月から6月頃に咲く。
・見事な赤と白の花♪
 花びらが長い。
・いろんな品種がある。
・サボテンらしく、枝の先端から咲く。

・鮮やかな大輪の花を咲かせるのが、
 孔雀の羽根の色柄を
 思わせるところから、
 この名前になった。


・「月下美人」と、姿形がそっくり。
  見分け方。

  ■孔雀(くじゃく)サボテン
    ・5月~6月頃に咲く。
    ・夕方から咲き始め、
       翌日昼まで咲き続ける。
    ・白、赤、ピンクなど、
     いろんな色の品種あり。
    ・花に香りがない。

  ■月下美人
    ・6月~10月頃に咲く。
    ・夕方から咲き始め、
       翌朝にはしぼむ。
    ・色は白のみ。
    ・花に香りあり。


・サボテンシリーズ
 サボテン  滝の白糸

 蝦蛄葉サボテン  月下美人


            ↑ 上へ

__________________

解説・使い方  更新情報

__________________

★ 定点観測シリーズ
     (約300種)

定点観測 ベスト集

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧

__________________

1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月

__________________

      

      

    いろんな「色」

__________________

春の七草  秋の七草

雑草、空き地の草 (タンポポ、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

ハーブ  (カモミール、ミント、等)

盆栽 (BONSAI)  (松、真柏、等)

__________________

山野草、高山植物 (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

薬草(薬用植物) (南天、鳩麦、等)

野菜・果物  (ナス、みかん、等)

__________________

  (アケビ、オモト、万両、等)

紅葉、黄葉 (もみじ、イチョウ、等)

ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木 (善福寺のイチョウ、等)

__________________

干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

俳句・短歌 (梅、牡丹、ハギ、等)

百人一首  (1~100)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

__________________

誕生日の花  花言葉

都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)

仏教の三大聖樹、紙の原料、等
  (他、服にひっつくタネ、五穀、
     朝顔、昼顔、夕顔、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

__________________

木へん  草かんむり  魚へんの漢字
            (おまけ)

名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)

__________________

動画(数秒の短編モノ)
  (ハスの葉の上の水玉、
   パッションフルーツの開花、
   オジギソウのオジギ、
   鹿威し(ししおどし)、等)

歌のタイトルになっている花名 ♪
  (マリーゴールド、Lemon、等)

食虫植物 (ウツボカズラ、等)

珍しい花 (月下美人、等)

写真集 索引

__________________

ベストショット(大判写真)
    

__________________

「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ
__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.