小栴檀草
(こせんだんぐさ)


(白の栴檀草          
 (しろのせんだんぐさ)も掲載)



コセンダングサ

「小栴檀草 (こせんだんぐさ)」の花

2019.10.10  府中市 日鋼町



コセンダングサ

「小栴檀草 (こせんだんぐさ)」のタネ

2005.12. 5  江東区 東砂



 定点観測
  コセンダングサが開花して
  実をつくっていくようす 



写真集 1(写真9枚)へ
(花)

写真集 2(写真12枚)へ
(タネ、白の栴檀草)


          ↓ 下へ
・菊科。
・学名
  Bidens pilosa
       (小栴檀草)
  Bidens pilosa var. minor
       (白の栴檀草)

   Bidens : センダングサ属
   pilosa : 毛でおおわれた
   minor : より小さい

 Bidens(ビデンス)は、
 ラテン語の 
 「bi(二)+dens(歯)」
 が語源。
 実に、「歯」のような形のとげが
 2本あることに由来。
 (小栴檀草のとげは3~4本)
 学名 B へ


・熱帯アメリカ地方原産。
・都会でも空き地でよく見かける。
・夏から初冬までの間、
 黄色いちりちりの花を咲かせる。

・葉っぱが「栴檀(せんだん)」
 に似ることから
 この名前になったようだ。

・白花をつける、
 「白の栴檀草
 (しろのせんだんぐさ)」もある。
 花の部分以外はそっくり。

・「アメリカ栴檀草」は、
 花のまわりに
 菊の花びらのような形の
 細長い葉っぱが10数枚つく。
 「小栴檀草」は
 花のすぐ近くには長い葉はない。


・タネの形がおもしろい。
 服にひっつく。
 タネの一つ一つに数本のとげがある。
 <とげ>
   2本   → アメリカ栴檀草
   3~4本 → 小栴檀草


・似ている花へのリンク
     (白の栴檀草)
 ウィンターコスモス


・「栴檀」シリーズ
 栴檀  小栴檀草

 アメリカ栴檀草


・服にひっつくシリーズ
 金水引  盗人萩

 おおおなもみ

 小栴檀草  猪の子槌


            ↑ 上へ

__________________


雑草コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報

★ 定点観測シリーズ

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)


    だいだい  ピンク

      

    ★ 色いろいろ 



春の七草  秋の七草


山野草    (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)


野菜・果物   (ナス、みかん、等)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

食虫植物    (ウツボカズラ、等)

薬草(薬用植物) (南天、等)


ハーブ  (カモミール、ミント、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

雑草   (オオイヌノフグリ、等)


ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木  (六義園の枝垂桜、等)

紅葉がきれい (もみじ、等)


   (アケビ、マンリョウ、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

珍しい花 (月下美人、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)



俳句・短歌 (梅、牡丹、萩、等)

百人一首  (1~100。鎌倉時代)


干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

生活・文化にまつわる花
  (紙の原料、服にひっつく、
   仏教の三大聖樹、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

歌のタイトルになっている花名
  (マリーゴールド、Lemon、等)


誕生日の花  花言葉


木へん  草かんむり  魚へんの漢字


都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)


名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)


東京近辺の見どころ
  (千鳥ヶ淵の桜、不忍池のハス、
   巾着田のヒガンバナ、等)


動画一覧 (八重桜、ししおどし、等)

盆栽 (BONSAI) (松、真柏、等)

写真集 索引


ベストショット
    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.