全手葉椎 (まてばしい)


(「馬刀葉椎」とも書く)

(薩摩椎(さつまじい))



マテバシイ

(花)

2009. 6.14  江戸川区 清新町緑道



マテバシイ

(実) どんぐり

2011. 8.26  江東区 南砂



 定点観測
  どんぐりが成長していくようすと
  どんぐりが色づいていくようす 



写真集 1(写真7枚)へ
(全体、若葉、花芽、つぼみ)

写真集 2(写真4枚)へ
(花)

写真集 3(写真5枚)へ
(どんぐり)

写真集 4(写真2枚)へ
(どんぐりが色づく)

写真集 5(写真2枚)へ
(どんぐりが色づく)

写真集 6(写真4枚)へ
(色づいたどんぐり)

写真集 7(写真3枚)へ
(新葉)


          ↓ 下へ
・ぶな科。
・学名
  Lithocarpus edulis または
  Pasania edulis

   Lithocarpus : マテバシイ属
   Pasania : マテバシイ属
   edulis : 食用の
 学名 L へ

 学名 P へ


・開花時期は、 6/ 1 ~ 6/20頃。
・「馬刀葉椎」とも書く。
・この全手葉椎や
 白樫(しらかし)などを
 総称して「樫(かし)類」と呼ぶ。

・街路樹に植えられることが多い。
・葉っぱが黄緑色で
 花の色と似ているため、
 花はあまり目立たない。

・花が咲いたあと、
 "翌年"の夏頃から
 実がふくらみだして
 「どんぐり」になる。
 「杼」の字で
 ”どんぐり”
 と読むらしい。

・「橡(つるばみ)」
     (色 いろいろ)

・別名
 「薩摩椎」(さつまじい)。

・似ている花へのリンク
 

・似ている葉っぱへのリンク
 タブノキ  黒鉄黐


・どんぐりシリーズ
 小楢  マテバシイ  尻深樫

 ウバメガシ  アラカシ

 クヌギ  柏(かしわ)  シラカシ


・「樫(かし)、椎(しい)」シリーズ
 白樫  姥目樫  粗樫  尻深樫

 すだ椎  全手葉椎


            ↑ 上へ

__________________


名前に「地名」を含む花へ

干支(えと)コーナーへ
    (馬刀葉椎)

定点観測した花・実のコーナーへ

色 いろいろ

__________________


解説・使い方  更新情報

★ 定点観測シリーズ
     (約250種)

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~

英語名(A,B,C~)

学名(ラテン語)

「科名」一覧


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)


    だいだい  ピンク

      

    ★ 色いろいろ 



春の七草  秋の七草


山野草    (カタクリ、等)

池・湿地の花 (ワタスゲ、等)

海辺の花   (はまゆう、等)


野菜・果物   (ナス、みかん、等)

温室・観葉植物 (ヒスイカズラ、等)

食虫植物    (ウツボカズラ、等)

薬草(薬用植物) (南天、等)


ハーブ  (カモミール、ミント、等)

いい香り (沈丁花、くちなし、等)

雑草   (オオイヌノフグリ、等)


ケヤキなどの高木 (杉、ヒノキ、等)

巨木、銘木  (六義園の枝垂桜、等)

紅葉がきれい (もみじ、等)


   (アケビ、マンリョウ、等)

葉っぱ  (オジギソウ、破れ傘、等)

珍しい花 (月下美人、等)

珍名の花 (なんじゃもんじゃ、等)



俳句・短歌 (梅、牡丹、萩、等)

百人一首  (1~100。鎌倉時代)


干支(えと)
  (十二支 → ねうしとら~
   十干  → 甲乙丙丁~)

生活・文化にまつわる花
  (紙の原料、服にひっつく、
   仏教の三大聖樹、等)

ことわざ、故事に関する花
  (いずれアヤメかカキツバタ、等)

歌のタイトルになっている花名
  (マリーゴールド、Lemon、等)


誕生日の花  花言葉


木へん  草かんむり  魚へんの漢字


都道府県の花・木 (青森りんご、等)

世界の国花  (イギリスのバラ、等)


名前に「数字」を含む花
  (一人静、百日紅、万両、等、
      + 大きい数の単位)

名前に「地名」を含む花
  (箱根空木、土佐水木、等)


東京近辺の見どころ
  (千鳥ヶ淵の桜、不忍池のハス、
   巾着田のヒガンバナ、等)


動画一覧 (八重桜、ししおどし、等)

盆栽 (BONSAI) (松、真柏、等)

写真集 索引


ベストショット
    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.